趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

究極のダイエット法

題名はセンセーショナルですが、私がふと思いついて書こうと思った他愛無い思い付きであると思ってましたが、実践者も多いようです・・・が保障の限りではありません。しかし全く嘘八百でもありません。

今日は午後からある会合に出席するため、普段は昼からか夕方にかけていく水泳に、朝から行った。 

朝食は苺の実、2個と健康保険食品に指定されている(EMP&DHPが多い)魚肉のソーゼジ1本である。 実は朝食は原則として摂らないことにしているが、それは、午前4時頃より昼までは人間の身体の化学工場は排泄処理の時間帯で食べ物を摂取しない方が良いという朝抜きの方法を実践しているためであります。。

朝食は絶対きっちりと取るべきという考えが一般的ですが、この常識だけに捉われては何も変えられない。 私は朝食抜きがダイエットが目的ではなかったのですが体重が初めて数キロ減りました。

朝抜きは日本だけの考えかと思ったが「フルモニ」という考え方がアメリカにもあり日本での実践者も多いらしい。 フルモニとはフルーツだけでモーニング=朝食は済ませるということであります。 肌がつやつやとして、シミや老人瘢がなくスリムな身体になるというのであります。 元来 人間は果物食なのだという。

2Kmを泳いでミーテングの会場へ行ったが、昼食の時間が無くなりパンとジュースで済ませた。 会議でお茶やお菓子を戴いたが空腹感はなかった。
朝食抜きにしてから、何故か空腹感がなくなった。 

腹が減ったら、運動をしろという考えかたがあります。運動すると空腹感が無くなる。

人類は腹が減って、その空腹を満たすためには、何らかの運動をして獲物を捕らえねば食べ物を獲得することができなかったというDNAが体の中に組み込まれているらしい。

 腹が減って獲物を捕らえる運動をして食べると、丁度良い適量で食物の摂取ができるらしい。 腹が減りすぎると余り食べられない経験をされた方は多いと思いますがこれが、その証左で、常に現代人は食べすぎや栄養の摂りすぎの弊害の被害者なのではないかと思います。

朝食抜きかフルモニで、腹が減ったら先ず運動をしてから食べるというのが、究極のダイエットでないのかと私は思っております。

下記参照 しかし私は回し者?ではありません。自分の想いを確かめるべく探した記事です。

http://www.kanda-zatsugaku.com/060519/0519.htm

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。