趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

パッチワ−ク

私は不器用を絵に描いたような女である。

その女が一度だけ超大作のパッチワ−クに
挑んだことがあった。

息子がイギリスに留学中の時であった。
彼が、幼稚園の時から高校までに、はきつぶした
ジ−ンズをなぜかすべて取って置いた私は、これを
捨てるのは簡単だけど、なにか形に残しておけない
ものだろうかと考えたのである。

それをできるだけ小さく切った。
4,5cm四方位だったろうか?
ポケットの刺繍もボタンさへ無駄にはしなかった。
そしてパッチワ−クは始まった。
ベッドカバ−を創ることにした。

家事や仕事の合間はすべてその時間にあてた。
すべて手縫いであった。
下手でも根気はあったようで、創っているうちに
なかなかカッコイイものになっていった。
とにかく大きいものだったので、時間がかかった。

出来上がった時の感覚は今も覚えている。
何とも言えない達成感。
思っていたより見栄えが良くカッコ良かった事。
超器用な親友M子に褒められて嬉しかった事。

そのパッチワ−クのベッドカバ−は、今も彼が
持っているはずである。
結婚してからは、多分使ってはいないだろう。
もう一度見てみたい一品である。
あの時の若かった自分にもう一度逢ってみるような
不思議な気分。
今度息子から取り返そうかな。
今は誰もいない息子の部屋のベッドに掛けて置きたい。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。