趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

★カズチカ づれづれ日記(34) 老夫婦★

先日、病院の受付でのエピソード。

「あの、診察券がないんですぅ」とおばーちゃまが言っている。
 横でおじーちゃまが、バックの中に手を入れてがさごそ、
診察券を探しているようだ。あぁぁ、、やっぱり診察券は見つからない。
「診察券の再発行は210円かかりますがお作りしていいですか」と係りの女性が優しくたずねている。
「家に帰ればあるんですよ!」とおばーちゃま。
「それでも診察券がないと診察料の精算が出来ないんですよ」と気の毒そうに言っている。

 するとおばーちゃま、隣のおじーちゃまに、
「あなた 家に帰って診察券をとってきて下さい」と頼んでいる。
 それを聞いたおじーちゃまは声を荒げて〜
「なんだと==!今から家に戻れって言うのかっ」
「ええ、タクシーで」とおばーちゃま。
「馬鹿なことをいうな!タクシー代と210円と比べてみろ!」

「・・・・・・・・?」

 とうに80歳は過ぎておられるであろうご夫婦。おばーちゃまはカートを引いてやっとの思いで歩いておられました。
 特に大きな病院は手続きも会計もカードなしではなにも出来ません。目の前で起きたちょっと笑えるエピソードではありますが・・お二人で病院に来るだけでも大変な事です。広い院内を検査室や診察室、薬局などを探して辿りつくだけでも難しいのです。

 誰もが老いて衰えて病に罹るのは避けられない。誰かの助けが必要になる。でもこの老夫婦は誰の世話にもならずに頑張っておられるよう見える。少子高齢化が進み、老人の自立にもう少し助けがあればとつくづく思う。

 明日は義母が入院していた病院に連れていく。少しづつだが
食欲も出てきてホッぺもふっくらピンク色。

 介護2から介護5になってしまい…もう歩行器を使うことはないのかもしれないけれど…安心しきってツレの介護に身をゆだねているようで義母は幸せだと思う。

 近頃ツレが嫡便のテクニックを覚え義母はスッキリ、気持ち良さげにしている。

 ツレのぷっくり出たお腹が、アレ?少しへっ込んだ?
「そうだよ、う●こダイエットだよ。食欲が少し抑えられるんだよ。か―さんの嫡便、君もやってみれば?痩せるよ」だって。

 スミマセン。いくらダイエットになろうと、それだけは出来ません。
ワタシ 鬼嫁ですぅ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。