趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

レルヒ来日前後

日墺スキー100年始まりの一歩

 1910年11月30日夜、ロイド汽船フランツ・フェルジナンド号は九週間もの長い航海のすえ、ようやく横浜に入港した。
テオドール フォン レルヒ少佐が足を踏み入れた最初の一歩が、日本の玄関口横浜だった。

 陸軍省から1911年1月1日高田連隊への配属、5日着任の命令を受たレルヒ少佐は、東京滞在中帝国ホテルに宿泊し、日本語の勉強や、銀座、浅草等各所見学で、日本の文化を少しでも肌で学び取ろうと努力されていたようだ。

 1910年12月20日、その頃高田連隊に、杉村公使が赴任先のスイスから陸軍省に送ったいたスキー2台が届いていた。
 
 師団長長岡外史は、堀内、山口、鶴見等幹部将校を部屋に呼び「ウヌシたちは」「スキーというものを知っているか」と問いかけた。
 呼ばれた3名の将校一同「いや、知りません」と答えた。
 長岡は、「ここにあるのがスキーだ」といった。
 将校たちは、「それは何をするものですか」と問いかけると、長岡は「これは雪の上を滑って歩く道具だ」と答えた。
 
 将校たちは「ではやってみますが、何か指導書がほしいのです」といい、長岡は「ラ・スキー」フランス語版の一冊を示された。
 「レルヒ少佐が1月5日に着任するのでそれまでに研究しろ」と長岡は命令する。
 
 将校の一人山口が翻訳、要約をガリ版5〜6枚纏め「スキーの使用方法」と題付して担当将校等に配布した。

 レルヒ少佐高田着任半月前の出来事だった。
 
 
・「ラ・スキー」おそらくはヘンリーへーク著では?

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。