趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

鞠智城で防人を想う。

熊本県山鹿市の鞠智城跡にいってきた。
礎石などが多数出土したことから、建物が復元されている。

あの「白村江」の敗戦(663年)に危機感を持った大和政権は、九州や瀬戸内海に次々と山城を築いていったようだ。

鞠智城もその一つで、以後200年ほど存続したらしい。
当時、東国で半ば強制的に徴集された防人たちは、この地にもやってきた。なんら帰りの保証のないままに。

今まで、「防人」といっても、資料上で目にするだけで、具体的なイメージをもつことができなかったが、ここにこれだけの建物が復元されている中に立つと、防人になって派遣されたことへの哀れさが伝わってくる。

防人は、退役になっても、帰国はすべて自力での旅。その殆どは自国に帰り着けず、命を落としたようである。

この地に防人の記念像が設けられている。中央に防人、その前に防人の妻子が。説明には鎮魂のためとある。

写真は左から「鼓楼と米倉」「鞠智城域」「防人鎮魂の像」

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。