趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

野崎観音と四条畷神社

我が家からウォーキングで行ける距離に在る二つの史跡に花見に行きました。
4月11日野崎参りで(野崎観音に参詣すること)有名な野崎観音です。
(以下ネットより抜粋)
春秋二季に無縁のために行う法会に参るもので、舟で行く参詣者と陸を行く参詣者とが互いにののしり合って、それに勝てば一年の幸いを得るという俗信がある。

お染久松の塚

野崎観音は、お染久松を主題にした近松半二「新版歌祭文」をはじめ、近松門左衛門「女殺油地獄」、落語「のざき詣り」、東海林太郎「野崎小唄」などで広く知られております。お染久松の物語は、野崎会館内に絵物語がございます。

四条畷神社は楠木正成公(大楠公)の長男、正行(小楠公)を祀っている
小楠公は、鎌倉時代末期、皇位の継承が公郷幕府の思惑が絡んでもつれた時、不利を覚悟で一身をなげうって、あくまで、正統の後醍醐天皇を守り、湊川において討死された楠木正成公(大楠公)の長男である。
 桜井の駅の別れにおいて諭された父の遺訓を固く守って成人した小楠公は、南朝方の中心となって、幼い後村上天皇を守護され正義の為に戦われた。積極的な戦法で、しばしば賊を破られたが、この四条畷の戦いにおいて衆寡敵せず、二十三才で討死された。

説明が長くなりましたが皆様にご理解して欲しい為に紹介いたしました。
改めて自分の住んでいる場所の歴史を知ることが出来ました。

アルバムにしましたので覗いてください。
http://smcb.jp/_as01?album_id=766664

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。