趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「新たな食料供給基地建設のための特措法案」の概要を読んで

被災地をどう復興させるのかのプランをみんな望んでいる。

特に津波被害を受けたエリアをどうするのか?
いまも浸水している所に住んでいいた地元の人がはやく埋め立て
てほしいといっていたが、そんな対処処方ではらちがあかないなあ、と
思っていた。そんなエリアを「都市地域」「農林業地域」「漁業地域」に再編し直すという案は総論としては素晴らしいと思った。
問題は、各論になったとたんに異論百出して頓挫、ということになりませんように。。。
----------------------------------------------------------------------------
被災地に「食料供給基地」…政府が法案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000110-mai-pol

毎日新聞 4月18日(月)20時59分配信
 政府は18日、東日本大震災で甚大な被害を受けた農林水産業の復興の基本法となる「新たな食料供給基地建設のための特措法案(仮称)」の概要をまとめた。国と地方が協力して「復興再生計画」を策定し、津波被害を受けたエリアを「都市地域」「農林業地域」「漁業地域」に再編。市街地を安全な高台に造るとともに、被災した農地や漁港を集約し、大規模化を図る。

 政府は東北地方の再建に向け、基幹産業である農業・漁業の復活が欠かせないと判断。農林水産業に特化した基本法を制定することにした。被災地域を新たな「食料供給基地」と位置づけ、点在する漁港の集約や加工を含めた水産基地の再編、農地の大規模化と生産体制の強化、物流ネットワークの整備などを打ち出したい考えだ。

 エリアの再編のため、被害地域を一時国有化することも検討課題となる。計画の実施には都市計画法や農地法など現行法の規制緩和が必要となる見通しで、関連法案の一括提出も検討する。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。