趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

4/26「橋のない川」今井正監督

第一部とある。
舞台は明治から大正へ、まさにその時を盛り込んで。

いわゆる水平社、同和教育という言葉が思い起こされる。
群馬の田舎育ちの私にさえ、確かに、同和問題の映画を小学校で見たし、先生のお話もあった。親とも話をした。

私の田舎には、どこの家がそれに当たるのかが、村民周知の事実だった。だからといって、明白な差別などはなかったと思うが。

今の日本では、田舎だったら高齢者の意識としては存在するだろう。だけど、中年以下の私達のような国民にとって、意識の片隅にも存在しないと思う。
万が一、そんな差別的待遇を受けたら、さっさとその地を去ればよい。くだらない人間の住む土地は捨て去れ。

ことさらに同和問題をテーマにした社会的会議を行なわない事、これが同和という言葉と意識を現代日本から消却する一案だと考える。

危惧するのは、昔の法律・条約上に、同和関連の融資政策などがまだ続行させているのではないか、ということ。
これも失くす事で、戸籍関連のあらゆる公的資料に、同和関連の記載事項がなくなると思うのだ。
馬鹿馬鹿しく、くだらない差別。
どんな差別も、許すまじ。

★北林谷栄、すばらしい女優だ。

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。