趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ハンドスカルプチャー鳥獣戯刻・地震と鯰その三

予報士による予報が始まったころ・・・
「天気予報解説ばかり上手くなり」という川柳がでました。

そこで
「大地震解説ばかり上手くなり」と詠んでみました。

このところ学者さんによる今回の大地震の解説に・・・

<なぜ”予知”が出来なかったのか・・・>
予知連会長さんは
「前兆すべり」が観測できなかった・・・

その後の余震の解説に・・・

<なぜ”緊急速報”が外れるのか・・・>
気象庁さんは
「S波P波の観測」の精度の問題、地震計の数を増やせば・・・

放射線もれの解説に・・・

<なぜ原子炉施設が未曾有の事故に・・・>
東京電力さんは
「津波の高さ、電源喪失」想定外の出来事でして・・・

「天災地変に予想外があって当たり前・・・人が自然のことを予想することが・・・おこがましい」と、云った人もいました。

さてここは江戸の庶民にご登場ねがって、「地震予知」「緊急速報」はいかに・・・と。
熊さん、八っつぁんの”お考え”を伺ったところ、「地中の大鯰に鈴をつけたら・・・」とのご宣託があり、わが”ちゅう公軍団”の登場と相成りました。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。