趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

法隆寺スケッチ(2)

(5月6、7日に書いたものの続き)
法隆寺中門、五重塔をスケッチした後、法隆寺の西側に連なる西里地区に入って行った。
案内書には西里のことを「かっては法隆寺を支える大工集団の本拠地。築地塀が続く落着いた家並みがつづく」とある。しばらく歩いてから、来た道を振り返った方角を見返ってスケッチした。法隆寺西門に突き当たる道である。 (左の絵)

この後、法隆寺門前まで戻り、みやげ物店併設の食道でうどんを食べて昼めしとする。
夢殿前から北への道を、法輪寺へと向かう。

トボトボとしか歩けないから20分くらいはかかっただろうか、三井(みい)の里を見降ろす小高い丘からは、法輪寺と少し離れたところの法起寺の三重塔が合わせてみることが出来た。
里の近くまで降りてきたところで、法輪寺三重塔をスケッチ。(前回に掲載)

お寺をとりかこむような三井の里をしばらく歩いたが、結局、屋根越しに塔の見える所で立ちスケッチをした。
着彩は少しだけで、色は殆ど翌日家で付けた。(右の絵)

疲れ切っていたけれど、法輪寺に寄って、久しぶりに虚空蔵菩薩に挨拶をした。

この仏さんは、今迄から、がんばれとも言わないし、助けてもくれない。
ただ、そんなことは、私はずうっと見てきていますよと言っているように思えるのだ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。