趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

5/20 「パール・ハーバー」ベン・アフレック主演

真珠湾攻撃です。
だいぶ、この監督は日本側に配慮しているなと思いました。

しかし、映画全体から匂い立つ主張は、声高に掲げられている”アメリカ勝利宣言 戦争に勝利する事こそ正義であり、アメリカは強くて正義を行使する国である”というもの。

仕掛けられた戦争には、報復でしか対応しない事を第一義とする、というもの。

この真珠湾攻撃の後、アメリカは日本の一般人をナチス以上の冷徹さで、正義の名の下に原子力爆弾を執拗に投下したのだった。
一度では足りずに二度も。

そして、戦争そのものに対する後悔や戦争回避の方法に考えを及ばす事なく、次の戦争へ、戦争産業による自国の富力を兼ねて、今でも邁進しているのだ。

東北大震災への救助活動・支援とは裏腹に、片方では中東での爆撃をかつての日本国内への投下と同じように行なっていたアメリカ。
アメリカが軍隊を派遣しなければ、諍いに留まる事ができるのに。戦争・非常事態に発展・拡大せずに、なんとか治まるのに。
日本はその片棒を担いでいるのだ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。