趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

招き猫ダックを解体。

アフラックのイベントで貰った『ストラップ』は、よく喋る。
   ♪ あひるんるん あひるんるん ぼくた〜ちは〜 ♪
   ♪ 一生一緒さ あひるんるんるんるん ・・・ ・・・ ♪
可愛いのでと、娘が孫をあやすのに連れて帰った。

先週、娘の家に行くとストラップが3個に増えている。
どれも、どこかを押すと歌を唄うのだが、全部曲が違う。
一つはオーソドックスな歌で、良く聞くのだがテンポが遅い。
電池が無くなったと見えて、雑音も入る。
   ♪ ね〜こ〜と〜あ〜ひ〜る〜が〜 ガガアア〜ピイ〜 ♪
間の抜けたレコードのようで、笑えて来る。
このままでも充分笑えるのだが、やっぱり腕が鳴る。

アヒルの帽子を外すが、出し入れ口が無い。
どうやら機械は頭の中らしいが、開ける場所が見当たらない。
仕方が無いので『首』と『胴体』を切り離すと出て来た。
丸いプラスチックの中に、リチューム電池らしき物が見える。
上下に外すと、小さな『電池』が出て来た。
直径7mmくらいのリチューム電池『LR41』だった。

LR41なら丁度他の部品から外した新品が有る。
電池を交換して、ボタンを押すと中から聴きなれた声がする。
   ♪ 猫とアヒルが声を合わせて二人の幸せを〜 ♪
治った!
ところがそれからが一大事。
首と胴体を縫い合わせ、帽子を縫ってお仕舞にしたいのだが・・・。
解体は大好きだが、裁縫は不得意だ。
家庭科の宿題で『エプロン』を作ったら『フンドシ』になったくらいだ。

それでも糸と針を持ち出して“チクチク”とやり出したら、結構面白い。
1時間ほどで縫い上がり、帽子を付けてアヒルは復活した。
何でもやって見るもんだなあ。

写真:初代アヒル(この頃は“招きネコダック”では無かった。)

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。