趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

東電の原発工程表について

まず目的は4月中旬に福島第一原発事故の収束に向けた
東京電力の計画スケジュール。
燃料の冷却や放射性物質の放出拡散抑制などの対策を
盛り込見4月17日に発表。

その後も進捗状態を見ながら1ヶ月ごとに
見直し訂正すると言ったもの。
燃料冷却では10月から来年1月までに1−3号機の
原子炉内部を安定的な冷温停止状態にすることを目指しており、
当初は燃料を原子炉ごと冷却することを目指していたが、
原子炉から水漏れ等が発生して断念、

5月の見直し時に、汚染水を浄化して冷却に再利用する
”循環注水冷却”に変更した。
原子炉事故の目途としては
菅首相の辞任はこの時期を目途としているらしいが、
今日の新聞によれば、東電は来年1月中旬までに
原子炉が安定的に冷える”冷温停止”状態にする
当初の目標は維持したと発表。

これで辞任の条件はクリアーしたのではないでしょうか。
良い事ばかり報道して首相の発言は全くそこにあらずでは、
首相ももうそんなことは忘れて、いかに首相の椅子に固守して、
毎日来る日も来る日も如何に延命工作に徹するか、

政治ではなく自分に対する野党の内閣巣信任案が否決されて
追撃の火の手が衰えて、全く迫力がありません。
欲望を満たすための政治しか頭にありません。
首相周辺も後継者選びがすっかりと下火になって、
辞任時期も何時になることやら、

すっかりと菅首相のペテン師ぶりだけが光り輝いています。
ここまで来たらもうどうしようもないでしょうね。
民主党両院総会も開催目途が付かず、
問責決議案では辞任させることも出来ないし、
どうやら人間性を破壊された菅首相の破廉恥で
破れかぶれのやんちゃ坊主振りを発揮して
手がつけられない状態では。

我々は静かに事の成り行きを見守るしか能はないでしょうか。
マスコミは何故もっと追求しないのでしょうか。
首相の発言なんて全く信用できずに、
ただ振り回されているだけでしょうか。

菅首相の顔を見たくない人が日一日と増えてゆくだけでしょうね。
国会では焦燥、疲労困憊の表情を、
国民向けの会見では笑顔 一杯元気モリモリ、
どうなっているの。
はしゃいでいるのは首相一人だけのようですね。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。