趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

☆ルアー(餌釣り)タチウオ船 11.7.23

今回も懲りずにタチウオ乗合い船にて釣行した。

― 台風通過後の荒喰いを期待しての釣行だった ―

しかし、北東強風でうねりもあってなんとも釣りずらく、苦戦を強いられる。

今回も餌釣りそしてルアーもやりたくて朝早くに家を出る。
なんと午前3時に家を出る(爆)

そのおかげで左大艫に陣どることができ、ほっとする。
(船の四隅は餌釣りそしてルアーとも可能です)
____________________________

定刻の6時50分に14名の釣り人で出船....1時間ほど走って今日の釣り場・大貫沖に着く。

例によって小船団があった。 この見なれた光景で胸が躍る!

しかし...今回もいやな予感....どの船の船上も沈黙状態・・・。

第一投...まずは船宿支給のサバ切身を付けて仕掛けを落とす。「水深が50m...底から20mまで誘ってくださ〜い」とのアナウンス!

錘50号、タチ魚針2/0仕様1本針でハリス8号2m...

前回同様にアタリがない!というか、アタリを見逃してしまうのか・・・冬場のち〜〜さな誘いを仲乗りさんが推奨・・・。

さらに....

■ あたったら、とりあえず待ちますョ〜〜...

■ コツコツって言うのは、タチがサバ餌をつついている時なので、我慢!

■ 針が口に入ると、竿がゆっくりと絞りこまれるので、この時に竿を上げて合わせる...

■ とにかく粘るのが基本となりま〜す...
周りがアタリなくても丹念に探ればどこかであたるので休まず釣り続けてくださ〜い!!

と、なんとも明快な助言をいただく☆

し・か・し...反応がなくなるのか僚船がすこしづつバラけて行く。
 
そしてそんな中、ようやくアタリ到来!コツコツときて・・・我慢して我慢して・・・すると一気に竿が絞り込まれる!! 今だっ!!それッ!っと大きくあわせる・・・グイ〜〜ンと竿が孤を描き針掛かりする☆ ヤッタ〜〜!! 喰い渋りの中での針掛かりは実に気分がいい!☆ 

上がってきたのは3本指サイズ・・・この時季の“夏タチ”レギュラーサイズである。

私のマイフレさんから伝言をいただいたことを実践するべく、釣れたタチウオの尻尾をハサミである程度の大きさにカットして、これを餌にしてやってみることにした。 

サバ切身と違って餌持ちがいい!!しかしアタリはなかなか来ない。

そのうち小さく誘っての最中、グググ〜〜と喰って針掛かりする。タチの引きでは明らかに違った。上がってきたのはサイズのいいアジだった。うれしい外道で思わすにっこり!☆

その後はアタリなく、周辺を遊覧船状態となる・・・こうなると今回もきびしい結果と不安がよぎる・・・。

そのうち観音崎沖 ⇒ 第二海堡周辺での釣りとなる。
この間、ジギングもやってみる。
運よく2本(サンマサイズ)追加となる。

そうこうして沖揚がりの時間を迎える。

私の釣果はタチウオ3本、外道のアジ1匹のみ...(泣)

船中0〜6本ときびしい結果となってしまう。

※アタリが確認できるよう、穂先が硬い竿が有利となるようです。
例)8:2調子のマルイカ竿、ビシアジ竿など


http://smcb.jp/_as01?album_id=842670

カテゴリ:スポーツ・アウトドア・レジャー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。