趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

救急車 初乗り体験!

ゴルフに出かけるツレに付き合って6時に簡単な朝食をとる。
ご近所さんのお迎えの車に乗せてもらってツレは出かけていった。
さ〜てと今日はPCは私の独占だもんね〜。

あれ?おかしい。胸が痛いっ。
どうしたんだろう。
これって 心筋梗塞? 心臓発作?
どうしよう。
誰もいない家で・・・死んじゃったら・・・もう孫にも会えない。
孫の結婚式までは生きていたい。

痛みが収まらない。
もう 救急車しかない。119 TEL!
「もしもし 胸が痛いんですぅ、、」
「じっとして待っていていて下さい」と119さん。
バックに保険証とお財布・・
家はとっちらかっているし・・だらしないままで死んじゃうのかなぁ、、
なんてこと考える。

玄関先で救急車を待っているとご近所のSさんが外にいらした。
「すいません。今から救急車に乗ります。夫が留守なので家と車の鍵を預かって下さい。夫がとりに来ますから」
もう入院することを大前提に。

救急車に添乗した経験は数々あれど(義父、義母、夫、義弟等)
自身が患者で乗るのは初めて。

ほどなくして救急車到着。
すぐに心電図、血圧等をとられ具合を聞かれる。
とにかく胸が痛い!それしか言えない。
「ご家族のどなたかの連絡先を教えて下さい」と119さん。
どうしよう。ツレは今はゴルフ場に向かって高速を走っているはず。
それも自分の車でなく・・・帰って来て!とは言えない。皆さんに迷惑がかかるし・・・
そうだ末の息子に連絡しよう。
「母さんね。今 救急車に乗ってるの。胸が痛くてね。K病院に今から行くから・・」
「えっ、今から病院に行くから、行くからね」と息子。

ERIに入り具合を聞かれても「胸が痛い」としか言えない。
どこが痛い?と聞かれても全部、背中まで全部、痛い。
血圧180〜100 心拍数90の画面が見えた。
なんだか解らないけど点滴。
それからしばらくすると・・あれ?あれほど痛かった胸の痛みがない。
収まった。
「病院に来たから安心したんでしょう」とナースさん。
そんなことある?

検査着に着替えて車椅子に乗せられERIを出たら、お嫁ちゃんが
待っていてくれた。職場を抜けて来たらしい。ほどなく次男が来た。
三男も・・・。孫を預かってくれている実家のお母様までいらっしゃるというからそれは断わった。

「死ぬ前に顔をみておかなくっちゃと思ってさぁ」と口の悪い次男。
「なんだぁ〜元気そうじゃないの」と三男。
「悪かったわね。死ななくて」と冗談で言い返す。
「お父さんにはメールをして置きました。留守電だったので」とお嫁ちゃん。
「きゃ〜大ごとになっちゃって、すいません」と平謝り。
「良いんですよ。一人でいて倒れちゃったら困ります。救急車は大変良い選択でした」とお嫁ちゃん。
ありゃぁ〜〜〜お嫁ちゃんが何だかお母さんみたいに思えた。
皆に迷惑をかけてしまった。皆の愛情も感じた。

お嫁ちゃんと三男には職場に戻ってもらった。
次男が最後まで付いてくれてDr.の検査結果説明も一緒に聞いてくれた。
心臓も、肺も腸も問題なし。しかし肝臓の数値が異常に高い。
「お酒 相当飲まれますか?」とDr.
「ワインは好きですが、肝臓に障るほどは飲みません」
いままで肝臓の数値がハイと診断された事は一度もない。

そうであればここ1〜2ヵ月前から飲みはじめたコレステロールを下げる薬が原因ではないかと言うお見立て。取りあえずその薬をやめてみて様子を見るという事に。今日もまた数値が上っていた。
来週もまた血液検査する。

ツレはゴルフ場でプレーを終わって携帯メールを見たらしく
驚いてすっとんで帰って来た。ご近所の居酒屋さんでゴルフの
アフター飲み会はパスしてきたみたい。

10月にポルトガルに行く。航空券もホテルも準備OK。
美味しいワインも飲みたいし・・。

あと2ヵ月〜なんとか体調を戻して元気に旅立ちたい。
行かれないなんて、私・・・可哀そう過ぎる。

いつもは元気印のカズーチカですが今、チョッと弱気。
体重 結婚当初の頃に戻ったけれど喜べない。

オバサンはちょっとふっくらが可愛い。

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。