趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

豚骨と違い臭みがない鶏白湯スープ

 田無にある「瑞風」で鶏白湯ラーメン750円を食べた。旧青梅街道の田無町交差点の近くにある人気店だ。日曜日の13時30分頃に行ってみると店の前に10人行列ができており、14時までの営業時間内に入店できるか心配になった。幸いなことに50分には入店でき、14時過ぎても行列が解消されていなかったので、焦ることはなかったようだ。ラーメンメニューは鶏白湯のほか煮干しもあったが、ここは前者を頼むべき店であるようだ。残念なことに、チャーハンも大中小と用意されているようだったが、券売機で売り切れになっていたので断念。
 ラーメンは大変コッテリとしたスープで、極細ストレート麺との組み合わせ。豚骨ではないので臭みはない。スープを薄めるためのスープ割がポットで用意されているほどで、口の周りがリップクリームを塗ったような感じになり、乾燥した季節には良さそうだ。このラーメンは博多ラーメンとも違い、京都の「天下一品」に近いのではないか。結局、スープは濃かったものの薄めず食べることにしたが、スープは飲むのを控えた。麺は細いにもかかわらず固めに湯掻いてあるため、コシがあって最後まで伸びることはなかった。チャーシューは脂身の多い豚バラだったのでとろけるタイプかと思ったが、噛んでみると意外と歯ごたえがある。葱のほかに煮干しラーメンでよく見かける刻み玉ねぎも入っていたが、今や玉ねぎはラーメンの具として市民権を得てしまったのか。個人的には辛みと引き換えに甘みのある玉ねぎは、少し苦手なので普及して欲しくはないのだけれども。
 鶏白湯にはコラーゲンがたっぷりあるとのことで、店には女性客が多い。味変のために一味だけでなくタバスコが用意されていたり、なかなか接する機会のないタイプのラーメンだったので、こういう手もあったのかと感心させられるところがあった。

カテゴリ:グルメ・料理

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。