趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

我が家の猫たち

 我が家の猫たち
   天ちゃん編

 我が家には現在五匹の猫がいる。
 長男、天ちゃん 4歳10か月(♂茶トラミックス)
 長女、クロエちゃん 4歳9カ月(♀黒猫ミックス)
 次男、ムートちゃん 3歳9カ月(♂黒猫ミックス)
 三男、エルちゃん 2歳9カ月(♂アメショミックス)
 次女、キキちゃん 1歳5カ月(♀黒猫ミックス)

 今日はこの中の長男天ちゃんの事を書きたいと思います。
 我が家で猫を飼うきっかけとなったのは娘(別世帯)が捨てられた仔猫4匹を保護した事に寄ります、その娘から可愛い仔猫の写真が次々に送られてくる、それを見た妻が自分も猫を飼いたいと言い出したが、その時犬を飼う計画もあったので躊躇っていた。
 ある日同居している娘から電話が入り、自分が勤めている会社の倉庫で野良猫が5匹の子供を産んだ、しかしすぐに親猫が帰って来なくなった様で工場長が社内放送で里親を求めている、自分も一匹連れて帰ってもいいか、と言う内容だった、その時3匹は既に里親が決まっていたので、それなら2匹一緒の方が寂しくないだろうと思い、2匹連れて帰るように話した、連れに行くともう一人の人も仔猫を連れて帰りたいと来ていて結局仔猫一匹を連れて帰って来た。
 翌日早速動物病院で健康状態を調べてもらいノミダニの処置と目薬、寄生虫の薬をもらってその夜お風呂に入れた。
 まだ目がよく見えてないようで、歩くのもやっとと言う様子だったが食欲は旺盛でミルクをよく飲んでくれた、娘も日に何度もミルクを与え、蒸しタオルでお尻を刺激してやると便もちゃんと出て割と楽に育てられた。
 最初は人を避ける様な仕草もあったがすぐに腕(掌)の中で眠る様になりゲージから出て居間で遊ぶようになった、せっかく買ったゲージも邪魔になるのですぐにたたんで仕舞う事になった、トイレも3日ほどで覚え、目やにも止まり綺麗なキトンブルーの瞳になった。
 よちよち歩きだったのが見る見る動きも活発になり、私たちを追いかけて足に絡みつくのでふんずけそうで危なかった、実際に何度か尻尾を踏まれたことがあった、とても好奇心の強い陽気な性格だったので家人だけでなく訪れた集金の人や郵便局の人にも懐き皆から可愛がられた、とにかく陽気なので後に保護した仔猫たちも皆天ちゃんに懐きすぐに家に馴染んでくれた。
 ただどう言う訳だか縄張り意識が強いのか、庭に来る野良猫に異常に攻撃的になり何度も網戸を破って脱走して野良猫を追いかけて居なくなり家族皆で探し回る事も度々あった、怪我をした事も、おかげで家中の網戸を強靭な網に張り替え、簡単に開かないようレールに細工もした、野良が来ても外に出れなくなったのが分かると今度は家中マーキングするようになり、防ぐ手段もなくこれには手を焼いている。
 身体は割と大きい方で体重は最大5,5キロまでなって獣医さんから太り過ぎだと言われダイエット、今は4,9キロまで下がっている。
 犬(スタンダードプードル)を飼ってる娘が犬を連れて来た時も2階に猫たちを押し込めていたのだが、犬が臭いを嗅ぎつけ2階まで行ったのでそっとドアを開けて会わせてみた、他の猫は皆天井の回廊やキャットタワーの上に上って警戒してるのに天ちゃんだけは平気で出て来てプードルの方が驚いて階段から転げ落ちてしまった(笑)、天ちゃんは自分から近付いて行くくせに犬にはシャーと喉を鳴らして威嚇して居間に居座る、その後もプードルが吠えまくるのでとうとうプードルは車の中に隔離されてしまった。
 結構甘えん坊な所もあり2歳くらいまでは娘の指をしゃぶりながら眠った、母親のお乳を飲む時の様に前足で私達の膝をもみもみしたり指しゃぶりや布団に潜り込むこともしばしばで布団でおねしょされたこともあった、茹で卵の黄身が好きで、他の猫は食べないのに天ちゃんだけは好んで食べた。
 天ちゃんの2ヵ月後に来たクロエちゃんと仲が良くいつも一緒に昼寝をしたり、くんずほぐれつ取っ組み合いをしていた、本当に仲が良く、クロエが避妊手術で病院に2日ほど入院した時の天ちゃんの落ち込み様は可愛そうなくらいだった、ただ帰って来た時クロエがカラーを付けていたので一瞬ぎょっとした姿は笑えた、でも匂いや声などですぐにクロエと分かり早速寄り添って寝ていた。
 ただ最近は天ちゃんにも春が来てクロエにプロポーズするのだがクロエがそれに応じず猫パンチの肘鉄を食らってふてくされる事がたびたび見られる、勿論天ちゃんも去勢手術はしている、気の合う時は一緒に昼寝をしたり毛繕いで舐め合ったりしてるのだが、クロエがなびいてくれないのが今の天ちゃんの唯一の悩みの様だ、もう一匹の黒猫キキちゃんも雌で1歳を過ぎている、避妊手術も済ませた、だけど女としての魅力が足りないのか天ちゃんはキキには言い寄ってるのを見た事がない。
 これからも毎日私たちを和ませ幸せにしてくれるこの子達との人生を楽しみたいと思います。

カテゴリ:ペット・動物

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。