趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

わさもん

わさもんとは、熊本弁で「新しいものが好き」という意味です。
9月14日(土)に大型商業施設「サクラマチクマモト」がオープンしました。
2015年2月末に県民百貨店が閉店した後、色んな物議を醸しながら、ついに開業です。

この日は熊本市内だけかと思ったら、何と県内のバス・電車が無料です。バスは民間バス会社が負担するとして、熊本市電は税金が使われるわけです。納得いかないけど、ま、お祝いだから良しとしますか。

バスが無料なら、駐車料金を気にせずに映画が観られると思いましたが、土曜日は夕方まで仕事でした。

実は転職して、7月下旬から学童保育で小学生低学年の相手をしています。土曜日は大体休みだったのですが、14日は出勤でした。今までと違って、昼間が自由に行動できません。

日祝日が休みなので、その日に用事がない時は趣味の映画鑑賞に目一杯使います。

サクラマチクマモトのすぐ近くにある映画館は、最終上映が午後6時台なので、仕事が終わってからでは間に合いません。でも昨日は、児童数が少なかったので2時間も早く帰ることが出来ました。
それでサクラマチクマモトに行くことにしました。

駐車場は恐らく満車だろうと思い、無料バスを利用しましたが、バス停ごとに乗る人が増え、ギュウギュウ詰めでした。

5時過ぎに建物の地下にあるバスターミナルに着きましたが、ホームはたくさんの人です。
エスカレーターも途切れることなく人が乗って来ます。

人が多いのは予想できましたが、想像以上にごった返していました。歩くのも大変です。
14日は全体を見るだけにしていたのですが、エスカレーターを下りたすぐ前にトイザらスの半額ですよ!の呼び込みに釣られて、後先のことも考えず、孫のおもちゃを買ってしまいました。普段だとかさばる荷物は車に置いてくるのですが、この時は車がなかったので、仕方なく持ち歩きました。早く買いすぎました。

4階は映画館とスポーツジムと美容室とカフェバーです。
映画館はTOHOシネマズで熊本県初の 3 面マルチシアター“ ScreenX ”と最新の立体音響システム“GDC featuring DTS:X”が採用されているそうです。

過去の話題になった作品が日替わりで上映されます。
14日は「グレイテスト・ショーマン」「スリー・ビルボード」 「シェイプ・オブ・ウォーター」  
15日は「ギフテッド」 「影武者4k」 「(ドリパス)花の詩女ゴティックメード」(満席)
16日は「女王陛下のお気に入り」 「ドリーム」「安室奈美恵6/3東京ドームライブ」は2スクリーンでの上映ですがすでに完売です。

「プロメア」 「スパイダーマン・ファーフロムホーム」「ボヘミアン・ラプソディー」は19日まで上映されるみたいです。14日~16日は映画代が1200円とお得です。

一巡りして外に出るとステージがあって歌謡ショーがあってました。そこで貰ったチラシから清和文楽が10月12日に城彩苑であることを知りました。熊本城の一般公開と合わせて見ようかな。

それからアーケード街にある映画館に行きました。
アーケード街ではラッパと太鼓の音が聞こえてきました。

14日は藤崎宮例大祭の飾馬の飾卸の日です。飾馬を奉納し、お祓いを受けた団体が、支援してくれる企業や団体に飾り馬とともに出向いているのです。本祭は16日です。

映画は「風をつかまえた少年」を観たかったのですが、すでに上映が終了していて「五億円のじんせい」か「あなたの名前が呼べたなら」のどちらかで迷いましたが、インド映画の「あなたの名前を呼べたなら」を観ました。
インド映画といえば急に踊りだしたり、歌いだしたりするのが多かったのですが、この作品はそうでなく、終わり方もフランス映画的でした。
チケット売り場で前の人が駐車券を出しています。
サクラマチクマモトと提携している駐車場でした。
何だ空いてたのか!と思いましたが、後の祭りです。

帰りのバスも混んでいました。行きには1時間もかかりましたが、35分で帰って来ました。

サクラマチクマモトの13日のプレオープンでは4万4千人で、14日は10万人と予想されましたが、何と25万人だったそうです。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。