趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

秋になると何故、葉は赤や黄に染まるだろうか。?

一口に紅葉と言っても、赤や黄色、赤褐色など樹木によってさまざまな色になる。
 カエデやナナカマドは真っ赤に色づくが、イチョウの場合は真っ黄色、といった具合である。

何故、木によって、葉の色に違いが出るのだろうか。?

先ず、冬が近づいて気温が下がってくると、樹木は葉の付け根と枝の間に『 離層・りそう 』と呼ばれるうすい仕切りを作る。
 この仕切りが出来ると、水分や養分が流れにくくなり、光合成によってできた糖分が幹に送られず、葉の中にどんどんたまっていく。
この糖分が葉の色を変えるモトとなるソウダ。

例えば、カエデなど赤く色づく樹木の場合、この糖分を原料にして、アントンアンという赤い色素がつくられる。
 と同時に、緑の色素クロロフィルが分解されて減ってくるため、色が赤く色づいてくるという。

一方、イチョウの葉緑体には、もともとカロテノイドという黄色い色素と、緑のクロロフィルの両方が含まれているのだが、秋になると、クロロフィルが分解されて緑色が薄くなり、代わりにカロテノイドが目立ってくる。
 イチョウが黄色に見えるのは、このためだソウダ。

まあ、樹木の成長過程での出来事が、、、
人間サマをタイヘン喜ばせてくれるヨウダ・・・
ヤハリ、人間は大自然の中で生かされており、共存共生しているモノダ・・・・アリガトウ・・・

カテゴリ:日常・住まい

コメント