趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「俳句」の日記一覧

会員以外にも公開
はいく
はいく

本日の一句

窓を開け見上げる空に朧かな ◎まどをあけ みあげるそらに おぼろかな

会員以外にも公開
No user image 001
あけび庵

【今日の俳句】

手に持ちて買ひ急ぐなり植木市         右城暮石  *苗木市・・・ 三月から四月にかけて苗木を植えるよい時期である。庭木や果樹 などの苗木が寺社の縁日の市で売られる。近頃は大型店舗の屋外 でも市が立ち、野菜の苗等と共に売られる。 【俳句】 声かけて鉢の重さや苗木市           あけび庵

会員以外にも公開
総務工房
総務工房

季語 黄水仙

黄水仙の芽だけ出ている庭の隅  総務工房 (ひとこと) 本格的に咲くのは三月下旬ごろです。

会員以外にも公開
豊崎義明の豊さん
豊崎義明の豊さん

雪しろ

雪しろや鳴きながら飛ぶ鴉二羽     藤木洋良

会員以外にも公開
No user image 001
あけび庵

【今日の俳句】

今日の俳句 花の雲鐘は上野か浅草か        松尾芭蕉      *花・・・ 俳句で花といえば桜の花のことをいう。和歌では古くは梅の花をさして いたが平安時代以降は「花」は桜の花をさすようになった。 【俳句】 揺すらねど休眠打破や花三部       あけび庵

会員以外にも公開
はいく
はいく

本日の一句

春眠や今日も始まる寝ぼけかな ◎しゅんみんや きょうもはじまる ねぼけかな

会員以外にも公開
はいく
はいく

本日の一句

春眠や今日も始まる寝ぼけかな ◎しゅんみんや きょうもはじまる ねぼけかな

会員以外にも公開
総務工房
総務工房

季語 春の鳥

朝の庭残る実つつく春の鳥  総務工房 (ひとこと) 木の実もドライフルーツの様になっていて美味しいのかも。

会員以外にも公開
豊崎義明の豊さん
豊崎義明の豊さん

雪解

雪解けて水が渦巻く信濃川     藤木洋良

会員以外にも公開
はいく
はいく

本日の一句

目覚ましで朝寝の時を過ごしけり ◎めざましで あさねのときを すごしけり

会員以外にも公開
No user image 001
あけび庵

【今日の俳句】

今日の俳句 病葉やこれみよがしに染まりおり       こうのこうき 鬼百合のこれみよがしの蕊の反り 鷹羽狩行 *此れ見よがし・・・ これを見よといわんばかりに、得意になってみせつけたり、当てつけ がましくしたりするさま。 【俳句】 小金井や此れ見よがしの春一番       あけび庵

会員以外にも公開
総務工房
総務工房

季語 残雪

残雪や山門抜ける風の音  総務工房 (ひとこと) 山寺はまだ真冬です。

会員以外にも公開
豊崎義明の豊さん
豊崎義明の豊さん

桜餅

桜餅老いて美し愚妻かな     藤木洋良

会員以外にも公開
No user image 001
あけび庵

【今日の俳句】

今日の俳句  花明りしてこの世かなあの世かな       篠崎圭介  *花明り・・・ 桜の花が満開で、夜でもあたりがほの明るく感じられること。 【俳句】 酔い覚めや纏うて見れば花明かり       あけび庵