趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

とまどったノーベル化学者・根岸博士

根岸博士は答えでとまどった。

母校を訪れたTVニュースの場面。
大筋は以下の質問と答え。

高校生の質問「研究者になるための良い国はアメリカ、日本、中国のどれか」
根岸博士「師弟関係が大事で良い先生にめぐりあうこと」
高校生「よい教授に出会うということですね」
根岸博士「自分だね。自分自身の気もちが大事」

研究を志す者は外国に行く方が良いとつねに言い、みずからもアメリカで研究してこられた根岸博士に高校生が質問し、根岸博士が答えたのでした。根岸英一氏は理学博士。化学物質と研究室で向かい合う時間は多いが、人との接触時間は少ないのでは。
さらに社会の情勢を考慮しない、また対人的に遠慮をしない高校生の質問にはとまどった様子でありました。

対話の上手なセールスマンならこう答えるのでは。
高校生の質問「研究者になるための良い国はアメリカ、日本、中国のどれか」
M「日本とアメリカで研究生活をしたが、やはりアメリカでしょう。中国については、研究生活の経験がないのでわかりません」。
「重要なことを付け加えたい。それは、国の選択ではなく、良い先生にめぐりあうことです。だから外国にも行き、おおくの優秀な教授に会うことです。さらに大事なことは研究に対する自分の姿勢です」。

質疑応答のとまどいは、ノーベル化学賞受賞という偉大で、おもおもしい業績に庶民的な人間みを印象付けた場面でありました。
それは、ノーベル賞の晩さん会の正式料理に日本のお醤油をちょぴりとたらしてみたような感じです。
ノーベル化学者には、とまどいもご愛嬌。かな?



*SUNNYさん。荒神山人さん。前回は拍手をありがとう。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。