趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

★友達のこと〜禁煙しました★

義母の骨折騒動があって、久々の仲良し三人の揃い組。

お昼は【蕎麦 美食ランチ】2500円也 に行く。

女3人寄れば姦しい〜とはよく言ったもので、座るやいなや「私、話すこといっぱいあるのよ」と一番若い(といっても59歳)Kちゃんが話し出す。同居の舅、姑の愚痴がほとんどを占めている。普段そう喋る方ではない彼女が止められない、止まらない。よほどストレスが溜まっているとみえる。

「私にも話させて。次は私の番よ」とばかりに私も喋る。
もちろん話題は義母の大腿骨事件にまつわる話。二人は義母のこともよく解かってくれている。長年に渡り私の愚痴も聞かされてきて何でも気兼ねなく話せるのだ。

 一番年上63歳のMちゃん。いつも的確なアドバイスをしてくれる姐御肌のいい女。苦労は誰よりもしているけれどそれを一切見せない。宝塚男役?ばりのスタイルは誠に格好がいい。

 私はお昼から赤ワインを飲むけれど、二人は全くの下戸。
一升瓶を抱えて飲んじゃいそうな二人なのに…お茶なんだもの、そこは不満。

「お酒は飲めないの。代わりに煙草くらいは許して」と言っていたヘビースモーカーのMちゃん。

「あれ?今日は煙草吸わないの?」
「止めた。このご時世、肩身が狭いからね」
「偉いね。よく頑張ったね」
「まだ10日目。ホントは今でも吸いたいの」

 そのあと行ったカラオケ屋さんでも、夕食の韓国料理屋さんでも煙草を吸うことはなかった。

 テーブルには灰皿が置いてあり、あちらのテーブルでは若いグループが煙をふりまいている。時折 そちらをみているMちゃん。吸いたいのだろうか。

 沢山食べて、喋っていたあっと言う間にさよならの時間。
11時に会ってから約11時間話し続けていたことになる。

「次はどこかに泊まりに行こうか?」そんな話になる。
いつもなら「行こう。行きたい」とノリノリになるMちゃんが今一つ乗り気でない。変だ。おかしい。

「実はね。職場の健康診断で肺に影が見つかってね、、、」
「エエエ===!!!」
「明日が精密検査の結果がでるの。胸も痛いし微熱もあるの」
 今日、普段より元気が無かったのはそのせいだったのだ。

Mちゃんは最愛の人を癌で失くしている。
「私は癌については詳しい。自分ではあと18ヶ月くらいの余命だと思う」とまで言った。

「絶対、そんなわけない!」と元気づけて別れたものの、ほろ酔いはいっぺんに醒め、帰りの電車の中では泣かないようにするのが精いっぱいだった。

 翌日の検査の結果は必ず知らせてと頼んであったから、携帯は肌身離さず持っていた。何も手がつかない。午前中と聞いていたけれど電話がない。昼も過ぎ「ああ〜悪いものだったんだ、、」と勝手に思い込み落ち込んでいたら…

「もしも〜し〜カズちゃん?大丈夫だった。癌じゃなかった。
心配させてゴメン。娘と結果を聞いて私、泣いちゃったわ。
このところ、ずっと寝られなくて…。娘に何でも好きな物、買いなさいって言ったの。心配かけたお詫びの印にね」とやや興奮気味の明るい声。

「よかった、よかった、やっぱり何でもなかったでしょ」と
安心した。すぐにKちゃんからも電話、「よかった、よかった」と何度も言い合う。

 電話を切ったら急に涙が出て来た。

 娘だけじゃなくて私達にも何か買え!心配で寝られなかったんじゃい。

 Mちゃんは「カズの弔辞は私が読む!」と断言していたのだから、どうぞ、読んでもらおうじゃないの。


http://www.youtube.com/watch?v=ODYxMdo0dJM&feature=related
【Mちゃんがカラオケで歌った曲 ♪YELL】

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。