趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(148話)…緊迫する日中関係と、出動する隊員たちへの思い。

(148) 畏きや 命被り 明日ゆりや
      草が共寝む 妹なしにして
     巻二十・4321 物部秋持(もののべのあきもち)
読み・かしこきや・みことかがふり・あすゆりや・
      かえがむたねむ・いむなしにして
大意・畏れ多い大君の命令を頂いて、門出をする明日からは、
妻ではなく草を抱いて寝る日々となるのであろうか。

解説・755年は防人交替の年でした。兵部少輔(兵部省の次官)であった大伴家持は東国各地の担当役人に命じて、防人や家族に歌を詠ませ収集しました。
家郷出発の前後から難波乗船前後までの歌です。
一連の歌は、万葉集の防人歌として名高く、多くの作品が当時の出征兵やその家族の思いが率直の語られています。
この歌は読みが難しいので、別記としました。草が共(ムタ)の
草(カエ)は訛りで、むたは共にの意味。妹(イム)は妹(イモ)の訛りです。
作者は防人の序列では国造丁という最も高い身分で、静岡県の浜名湖東岸の出身者です。

(148’) 葦垣の 隈処(くまど)に立ちて 我妹子(わぎもこ)が
       袖もしほほに 泣きしぞ思ほゆ
  巻二十・4357 刑部直千国(おさかべのあたひちくに)
大意・ 葦垣の隅っこにそっとたち、可愛い妻は袖も絞るばかりに泣きぬれて、私に取りすがるような切なさをみせていた。あの姿が忘れられない。

解説・ この作者は千葉県市原市近郊の出身でした。

今日、緊張高まる日中間の国際情勢に対応して出動する自衛隊員や家族のこうした、悲しい思いを、私達一般国民はどの程度想い遣っていることでしょうか…。

繰り返される人類の歴史を、いろいろと思い、考えさせられることです。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。