趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ピアノの本4

バイエルは どっこいドイツで 生きている
 時代遅れと 言われながらも

★『ピアノの本1995.7〜97.1のうち10冊』(草思社)を読みました。

《私の練習しているのを聞くと、大抵の人は仰天して戸惑うようです。調律をしているのだと間違われた事もあります(チェルカスキー)》

《ドイツには薔薇崇拝というものがあり、誰もが自分で薔薇を栽培しようとしますが、それは皆自分のために栽培しているに過ぎません。ところが日本人にとって、桜は誰のものでもないのです。万人のためのものなのです。人々はただ、その桜の木の下に立ちたいが為だけに、やってきます。それが日本人の自然観であり、精神性なのです。日本人は活花という独特なアートを作り出した国民です。それだけに、日本人の美に対する感覚は大変発達しています(ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ)》

《≪赤とんぼ≫…シューマンの…≪序奏と協奏曲アレグロ≫…確かに良く似ている》

《ブレジネフらは私を決して独りの芸術家としては扱ってくれず、共産主義の広告塔としかみなしてくれませんでした。…ゴルバチョフの時代となりました。そこで私は「今までのやり方が如何に卑怯だったか。あなたは今までとは違う新しい考えを持っていると知ったので、どうか私を国外に出して欲しい。さもなければあなたはロシアの伝統文化を引き継ぐ最後といってもいいピアニストを永遠に失う事になる」と手紙で訴えたのです。ゴルバチョフはこの手紙に応えてくれ、私をロンドンに行かせてくれたのです。全く彼の一存によるものでした。1985年のことでした(アンドレイ・ガヴリーロフ)》

《ひらのれみ…ドレミファからレミと名付けられた》

《次のレッスンの日、ツィークラー夫人はピアノの前に腰掛けると、「ほら、こんなのを持ってきたの」と、私に古い楽譜を見せた。それはバイエルであった。やっと私達の方針が決定したようだ(川口マローン恵美;ドイツ在住)》

《日本語の響きとリズムを学ぶ為には百人一首が絶好の教材です。和歌は日本語の精髄です(林望)》

〜〜〜〜〜〜12日のジョグデータ〜〜〜〜〜〜
約1時間30分/買物ライディング22km
※志木街道のケヤキ並木、巨大な箒を逆さに突っ立てたように見えました。ケヤキといえば、タイガーマスクの直人さんは、この寒の日々を実に温かくしてくれますね。官の直人は、寒々とさせ続けていますが。

※ラモー/狩の歌/ボブ・ジェームス、を聞きつつ

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。