趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

関東の松明けは7日?

玄関に飾ってあった『鏡餅』を食べようと、鏡餅を降ろした。

丁度帰っていた娘は、この辺ではもっと早いと言う。

   「こちらでは11日が鏡開きで、もう食べたよ!」

   「え〜?普通は15日じゃないの?」

   「関東では11日なんだって!」

知らなかったが地方によって鏡開きにも違いが有るらしい。

HPで調べて見ると、確かに関東は松の内は1月7日。

鏡開きは1月11日とある。


一般的には1月15日が松の内で、20日に鏡開きをする。

しかし京都では1月4日が松の内とあり、これまたびっくり!

鏡開きひとつでも、こんなに日本で違いがあるとは。

関東が早い理由は、徳川家光が亡くなった日にあたるそうだ。

そうすると、京都はどうして7日なのかが気になる。

せっかくのお祝いなのでと、忌日を嫌うのは分かる気がする。

我が家は東海圏の風習で・・・と敢えてトラブルを招く事もない。

20日に餅を食べるのは止めて、今日にでも食べてしまおう。


地方に残る『どんど焼き』は、お正月の“しめ飾り”を焼く。

こんな風習が残っている所も、きっと減ったのだろう。

家内の実家では、鏡開きがこの“どんど焼き”の日だった。

飾りを焼いた火で餅を焼くのだそうだ。

失われた文化と言うが、どっこい都会にも生き残っている。

無くしてしまったのは日本人である“意識”かも知れない。


追伸: 熊本の鏡開きが11日と後で知り、何で?

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。