趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

クラシック演奏会で手拍子?

それは3回目のアンコールが終わった後で起きました。

鳴り止まない拍手の中で、最後の演奏が始まります。

どこかで聴いた・・・そう、運動会でいつも掛かっていた曲。

・・・と、拍手が段々揃いだし『手拍子』に。

・・・と、いきなり指揮者が観客席に向かって・・・(驚き!)

何と、指揮棒を観客席に向けて振り出したのです。

拍手は曲に合わせて、大きくなり、小さくなり、止まり、始まり・・・。

指揮者がクルっと背を向けて、オーケストラを向くと大拍手が。


クラシックコンサートで手拍子なんて、初めての経験です。

ましてアンコール後のフィナーレ演奏です。

オーケストラは『東京ニューシテイ管弦楽団』

客員指揮者はロシアから『アンドレイ・アニハーノフ』

それに何と『ボリショイバレー団』のバレー付きです。

バレーはプリマも勿論ですが、男性が良かった。

立っているだけで”美しい”のです。

ボリショイバレーはテレビでしか見た事が無く、正直感動!


演奏ではこればかりでは無く、いろんな演出がされました。

一番のサプライズは、演奏中起こりました。

演奏中突然指揮棒を降ろし、”演奏を辞めろ・・・”と何度も合図!

しかし、演奏は止みません。

すると、台を降りて舞台すそへ行き、水を注文します。

その間も演奏は続き、今度は後ろの照明係りに向け合図。

照明を落とせ・・・と合図すると、舞台は真っ暗でも止まりません。

その後、舞台すそに入って『ハンド・スピーカー』を持ち出します。

   「 ・・・ ト メ テ ク ダ サ 〜イ!(大音響)」

これには会場内大爆笑です。


アンコール後のフィナーレでも、バレリーナの踊りが入ります。

最後の最後まで、きちんと演出されたような舞台に感動です。

日本では味わう事の無かった演奏会でしたが、ロシアは凄い!


1月21日(金) PM7:00〜 新宿文化センター 大ホール
                   『華麗なるウインナーワルツの祭典』

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。