趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(168話)…古代にも、セックスレスって、あった?

(168)  誰れぞこの 屋の戸押そぶる 新嘗に
      わが背を遣りて 斎ふこの戸を
         巻14・3460  東歌
解説・ 一体、どなた? わが家の戸を押し揺らし、私に言い寄るのは! 新嘗祭というので、今夜は身を清めて夫さえ外に遠ざけ慎んでいるというのに。…といった男咎めの歌です。

当時は、女性が収穫した新穀を供えて、来年の豊穣を祈る祭りがあって、禁男の習慣がありました。そして一方では、「夜這い」といって夜、異性の寝所に忍び入って情を通じることを地方によって扱いは様々ですが、大目にみた処もあって、古代の恋の複雑さが垣間見えてきますね。(笑)

(168’)  あぜと言へか さ寝に逢はなくに ま日暮れて
       宵なは来なに 明けぬしだ来る
        巻14・3461  東歌

解説・ 何というこですか。逢って共寝もせず、日が暮れた夜には来ないで、帰ってゆく明け方の時刻にやってきて!   

古代、男は夜やってきて女性と情を結び、朝早く帰ってく「妻問い」のルールがありました。それを守らない男の不実を、詰る女性の怒りの声です。
宵なは来なに→宵には来ぬにの訛り。しだ→時の東国訛り。

週刊誌に騒がれる現代の、セックスレスの先がけ?(苦笑)。
時代は変わっても、男女の仲の悩みは同じなのかな…?

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。