趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

六本木随筆

一柳 上杉高木 片桐に
 朽木青木で 六本木とか

★『六本木随筆』(村上元三/中公文庫)を読みました。
※六本木界隈の、故事来歴中心のエッセーです。

《父は日露戦争の時、陸軍と一緒に朝鮮の元山に上陸し、元山の郵便局技手勤務になった。その時三男として生まれたので、元三.と名を付けられた》

《赤穂浪士の挙があるまでは、それほど大きな寺ではなかったらしい。…「それまではただの寺なり泉岳寺」という江戸のころの川柳がある》
※昔、集印サイクリングで行ったことがあります。大きくなったとはいえ、それほど大きくはなかったような印象です。

《源氏名は、昔京の島原で、太夫に名をつけるとき、「源氏物語」から採ってきた、という風流な起源がある》

《「本郷の子」という玉川君の著書がある…客が難癖をつけた。「あの中に、芸者が一人しかいない場面を書いているのに、芸者衆とあるのはおかしい」。色をなして、玉川君が答えたという。「一人だって若い衆と呼ぶじゃないか」》

〜〜〜〜〜〜本日のジョグデータ〜〜〜〜〜〜
30分18秒/八国山麓5km/BMI:24.3/bpm:136/
靴:ボンビート(★★★★)
※コナラとホオノキの枯葉は、ま〜だくっついたまま。新しい葉との入れ替わりがどのようになるのか、興味が湧いてきました。さて、殺人疑惑のNHKの委託カメラマン、NHKは早くも首にしましたね。疑わしきを罰しました。受信料契約&集金スタッフの殆ども、委託職員。支払い義務の無い受信料を、法で決まった義務だから払え、などと嘘八百を並べてトラブルになったらすぐ首にし、おら知らね、と頬被りするいつもの手法ですね。

※ゴー・アヘッド・ジョン/マイルス・デイヴィス(トランペット)他、を聞きつつ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。