趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(172話) …ヒグラシの鳴く生駒山を越えて。

(172) 夕されば ひぐらし来鳴く 生駒山(イコマヤマ)
       越えてぞ我が来る 妹が目を欲(ホ)り
         巻15・3589 秦間満(はたのはしまろ)

解説・ 夕暮れとなると、ひぐらしが鳴く淋しい生駒山です。いま、私は愛しい妻に逢うべく、暗くなるこの生駒山を越えて大和への道を急いでいる。…という意味の歌です。
・目を欲り→ 一目会いたいと思って。 
・ひぐらし→蜩、セミ科夕暮れ時にカナカナ…と美しい声で鳴く。

遣新羅使任命が2月、難波出港が6月。その出港までの僅かな休暇を生かして、我が家を目指す男の家には、愛しい妻が迎えてくれたのでしょうね。アット・ホーム型の良きお役人だったのでしょう。あるいは新婚早々、熱々の仲だったかな?(笑)
現代、話題の単身赴任の先がけは防人もそうですし、このように万葉の時代から多く見られます。

巻15、遣新羅使の145首の長短歌は、こうして出発前から収録されて瀬戸内海を通り日本海へと海旅の往復の苦労を綴り、帰国するまでの物語をなします。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。