趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

深々と頭を下げて陳謝するなら、もっと素直に発表すべき

もう少し素直な気持ちで会見に望んだら如何な物ですか。
肝心なこと(我々が最も知りたいこと)になると
曖昧模糊とした説明に終始してどうなっているの。

そして幾ら東電の本社での記者会見にしたって、
何故防災服ではないのですか。何故背広ですか。
事故に関係ない処で勤務しているからですか。
テレビの前では防災服の方がいいのではないですか。
仕事に必死で取り組んでりうと思われるので、

だからそんな上司だから初動操作にミスが出るのです。
1号機に冷却装置が停止した時に、
海水注入による炉内の温度上昇を抑えていたなら
水素爆発が起こらなかったでしょう。
海水注入が遅れたので温度上昇して、
水素爆発を誘発したのでしょうね。

その間3号機は放置したままで、
結局は処置出来なくて、同様に水素爆発を誘致。
と思ったら今度は2号機が冷却装置が停止。

さて1,3号機で何を教訓として勉強したでしょうね。
炉内に発生した水素を炉外に出すか、
海水で炉内の温度上昇を抑えるか。
今どっちにするか検討中だって。
全く勉強していないね。一刻も待ってくれません。
何故勉強しなかったのでしょうか。
水素爆発がい起こらなければ処置出来ないのですか。
勿論海水注入でしょうね。

国民を何と思っているのでしょうか。
営利目的処理ではなく住民重視ですよ。
最終にはチェリノブイノ原発の二の舞だけには
したくは無いね。

枝野官房長官の発表も東電からの情報で。
何故もっと原発を勉強しないのでしょうか。
これこそ泥縄式で良いのです。
全く言語道断ですよ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。