趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

USA 福島勇者への応援メッセージ

「50人の技術者:爆発原子炉にむきあう最後の砦」の記事がニューヨーク・タイムズに掲載された。

それに、440 Readers' Comments 「読者440人のコメント」があった。

その2、3。
New YorkのJohn H.のコメント
These workers are doing the equivalent of throwing themselves on hand grenades in an attempt to spare their countrymen poisoning by radiation.
「放射能汚染から国民を守るために行動するかれら50人は、消火器を手にして溶鉱炉にとびこもうとしている人たちとも言えるだろう」。

British Columbia, Canada、Dr.OfNothingのコメント
Emerson said, "a hero is no braver than an ordinary man, but he is braver five minutes longer." The Final Fifty have been braver for a lot longer than five minutes. I hope they see the cherry blossoms of another spring, but I don't think it will be so.
「『ヒーローの勇気とは一般の人の勇気と違いあるものでなく、ただその勇気が人より5分長いだけである』とエマーソンは言った。最後の砦となる50人の人たちの勇気の長さとは、ヒーローの5分に例えられるような長さではない。日本の50人の人たちが桜の花の木のしたでこの春をむかえられることを願っている。が、悲観的な感じがする」。
*Ralph Waldo Emerson エマーソン (1803〜1882) 作家 アメリカ・ルネッサンスを代表する思想家。

Salt Lake City, UT、Jack O'Hanlonのコメント
These 50 will be remembered for what they are doing, because no radiation suit or breathing equipment can shield them from the exposure they are taking. In essence, it's a death sentence for them all, most likely. While we all sit at home tonight in the USA, these people are trying to save countless others from a terrible outcome.
It's a moving story, one that comes on top of one of the most graphic scenes of suffering imaginable.
活動する50人の過酷な現状を述べている。
そして、「感動的な記事である。彼らは人間愛精神にあふれている。声をあげて彼らをたたえたい、彼らの勇気ある努力が報われることを」などが書かれている。


ニューヨーク・タイムズの記事は以下。
Last Defense at Troubled Reactors: 50 Japanese Workers
「50人の技術者:爆発原子炉にむきあう最後の砦」

By KEITH BRADSHER and HIROKO TABUCHI
Published: March 15, 2011
A small crew of technicians, braving radiation and fire, became the only people remaining at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station on Tuesday; and perhaps Japan’s last chance of preventing a broader nuclear catastrophe.
They crawl through labyrinths of equipment in utter darkness pierced only by their flashlights, listening for periodic explosions as hydrogen gas escaping from crippled reactors ignites on contact with air.
「火曜日、放射能汚染と溶鉱炉火災にゆうぜんと立ち向かう少人数の技術者たちは、福島第一原子炉発電所にとどまる唯一の集団となった。そしておそらく、この人々の存在は、核漏れの場合の大惨事を防ぐべく日本の最後の希望となっている」。
そして。
「暗闇の溶鉱炉基地を這うようにしての作業活動」の説明。


They breathe through uncomfortable respirators or carry heavy oxygen tanks on their backs. They wear white, full-body jumpsuits with snug-fitting hoods that provide scant protection from the invisible radiation sleeting through their bodies.

「身体への放射能汚染を防ぐのに安全性が未知数の防御服や重い酸素ボンベ、快適とはいえない防毒マスク」の説明。

They are the faceless 50, the unnamed operators who stayed behind. They have volunteered, or been assigned, to pump seawater on dangerously exposed nuclear fuel, already thought to be partly melting and spewing radioactive material, to prevent full meltdowns that could throw thousands of tons of radioactive dust high into the air and imperil millions of their compatriots.

「溶鉱炉基地にとどまる彼ら50人は名も、顔も公表されることのない技術者たちである。会社からの指示できた者も、そして、みずからすすんできた者もいて、」

「危険な溶鉱炉火災での具体的な活躍」の説明。

http://www.nytimes.com/2011/03/16/world/asia/16workers.html


*日本人も、「最後の砦」で必死の作業をする勇者に目をむけ、彼らの無事を祈り、彼らの活動をたたえねば。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。