趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

二匹の蛙

今から半世紀近く前になるが、ドイツ語の教科書にあった話を印象深く思い出している。
 つい2年ほど前までその教科書は書棚の隅にあったのだが、入りきれなくて他の雑誌とともに処分してしまったので、細かなところは正確ではないかもしれないが、こんな話。

 ペシミストの蛙とオプチミストの蛙が一緒に旅に出た。
 しばらく行くと銀色に光った大きな金属のプールのようなも のがあり、
 好奇心に駆られた二匹は思い切ってそこに飛び込んだ。
 いい匂いのする白い水が張られていて、二匹はしばらく泳ぎを楽しんだ。
 よく見ると周りの壁も銀色にピカピカひかっていて、
 泳ぎをやめようと壁に飛びついても滑って落ちてしまい、
 そこから抜け出すことが出来ないことが分かった。
 二匹の蛙は焦った。
 泳がなければ沈んでしまうし休みようもないのだった。
 間もなく一方の蛙はブツブツ文句を言いながら諦め、
 ぶくぶくと沈んでいった。
 もう一方の蛙は、
 いつまでも力のある限り泳ぎを止めずに頑張っていた。

 翌日、
 その頑張った蛙は
 チーズの丘の上にちょこんと座っていた。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。