趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

脊柱管狭窄症と歩行障害

右下半身特にふくらはぎ部のこわばりが原因で歩行障害が1ヶ月と10日続いている。
今日は掛かり付けのJ大学病院の医師の紹介状を頂き近場の大病院の神経内科と整形外科の診断を受けた。
脳血管・脳神経の損傷が疑われた為だがどうやら脳から来た歩行障害ではないらしいので一安心したのも束の間、整形外科の先生から今日のレントゲン検査だけでは確たる診断とは行かず、再度MRI検査による診断の必要があるが、どうやら脊柱管狭窄症が原因で運動神経に異常が発生明らかな筋肉の劣化(蹴るという動作)が見られると言うことであった。
脳梗塞等による神経損傷による筋肉の劣化と同じ症状で筋肉をリハビリ等で鍛えても神経の問題だから回復しないとの説明であった。
今後の治療としては投薬やリハビリで全快することは有り得ない抜本的にはMRI検査の結果後の判断だが腰椎部の手術の必要性極めて大とのことで設備や適正な医師のいるJ大学病院で再診を薦められた。
楽しみにしていた欧州旅行!準備は万端で明日でも出発できる状態だがそれどころでない、暗澹たる気持ちで病院から帰宅かなり落ち込んではいるがこのようなことも含めて私の人生!現実を受け入れるより他なし。
早速明日J大学へ再診手続きを執りに伺うとしよう・・・

カテゴリ:美健・フィットネス

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。