趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

春らんまん

今日我が家の温度計は最高気温20度を記録しました。気温だけでもさすがに春を実感し、キルティングの作務衣を脱いだり着たりして温度調節を図っています。外は晴れ上がってはいますが、春特有のやや靄がかったような晴天です。

 庭の鉢植えの海棠は散り始めました。海棠は蕾をつけてから開花まで一週間以上かかりますが、開花してから散るまでもそれくらいの時間が掛かりますからそれだけ目を楽しませてくれて有難いことです。十数年前、車で通りがかったとき目にした植木市に立ち寄った際、咲き誇る見事な花に一目ぼれして千円前後の安値にも惹かれ買い求めた海棠ですが、それ以来毎年買主を楽しませてくれるのですから、有難いことです。

 海棠の隣りでは、銀杏の木に新芽が萌え出ています。7、8年前の秋に寺の境内に落ちていた銀杏の実を拾ってきて植木鉢に埋めたところ、翌年に芽を出しました。以来、毎年大きくならないように盆栽風に剪定してきたのですが、これも一人前に夏には青々とした葉を茂らせ、秋には黄金色の紅葉となり、初冬には散り落ちて、それなりの風情を見せてくれます。

 数年前山道を歩いていたら数多くのドングリの実が地面に散らばっていました。その中の一つを拾って持ち帰り、鉢に植えたところ翌年の春に芽を出し、見る見るうちに背丈ほどの高さに育ちました。大きな鉢に植え替えて、風呂場の窓から見える場所に置いたのですが、2,3日前には一ミリほどの葉が目に入り、それが日増しに大きくなっています。これも新緑、紅葉と季節ごとに目を楽しませてくれます。

 そのほか大小の数々の鉢では、スミレ、バラ、ジェラニウム、コデマリ、葉牡丹などが色とりどりに咲き誇り春を謳歌しています。高価なものはありませんが、私には春の訪れを楽しむのに充分な花木です。
 
 東南アジアで通算5年ほど暮らしたことがありますが、四季に恵まれた日本に生まれたことを心から感謝しています。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。