趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

100歳まで生きるには ― How to Live 100 Years

『Time』の健康にかんする記事。

“In fact, the entire Hurlburt family is a model of long-lived, healthful vigor, which makes it a perfect candidate for the Long Life Family Study (LLFS)”
「ハルバート家全員が健康的で長生きの秘訣を示すモデルであり、正確な「長寿家系調査」(LLFS) のための対象者である」。

ボストン大学医療センターのDr. Thomas Perls が調査するのは、長寿の「要因としての遺伝、周囲の状況、活動」
“genetic, environmental and behavioral factors”

"But just because something occurs in a family doesn't mean it is necessarily genetic. There are lots of behaviors and traditions that happen in families that play a role in longer life expectancies.
「ある家系のなかで生じた長寿の要因はかならずしも遺伝性ではないということ。その家族内で習慣となっているさまざまの活動形態が長寿の要因である」。

長寿の要因についての調査では2つの取り組み方法がある。

The traditional approach has been to study the lifestyle and behavioral components of vigorous aging; the good habits, such as a healthy diet, regular physical activity and mental exercises that might keep the elderly vibrant through their golden years.
「伝統的な研究方法では、年齢を重ねるなかでの生活習慣の要因と活動における要因が対象である。健康的な食事、規則的な運動、知的トレーニングなどのよりよい習慣が、年齢を重ねるなかでも活力を失わないための要因と推定される」。

The New England Centenarian Study, which includes 850 people entering their 100s, for example, has identified several behavioral and personality traits that seem to be critical to longevity, including not smoking, being extroverted and easygoing and staying lean.
「ニューイングランド100歳長寿研究では、100歳になる850名の調査により、活動と性格におけるいくつかの要因をわりだした。禁煙、外向的で楽観的な性格、肥満にならない体型の維持が長寿のための重要な要因と思われる」。

*わたし流のまとめ=暴飲暴食をせず、適度に運動し、ストレスのない明るい生活+英語や日本語の勉強による頭の体操。


写真説明
「東海岸在住のハルバート家兄弟姉妹」
「兄弟姉妹8人のうち6人がニューイングランドで健在である。長寿研究の対象者はPeggy (79), Helen (88), Millie (93), Peter (80), Agnes (96) , Muriel (89)」
「杖が必要な人はゼロ」

“The East Coast Hurlburt Siblings”
“Six of the Eight Hurlburt siblings live in New England. Peggy (79), Helen (88), Millie (93), Peter (80), Agnes (96) and Muriel (89)”
"none of us have canes.”

カテゴリ:語学・国際交流・社会貢献

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。