趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

親爺の二人旅・・・欧州編35

南仏ニース・モナコを早足で駆け抜け我々の旅は次なる目的地イタリアのミラノへ!連泊したニースでは様々な旅人と交流出来た、小粋な仏人とは洗濯機の譲り合いで親しくなり散歩中公園でも会った、妙に人懐っこい奴でお互い何となく馬が合うと言うのを言葉が判らなくても感じることが出来た。
18年も東京で居たと言う黒人外国特派員とは特に日本語が通じたので話が弾んだカンヌ映画祭に参加すると言っていた。
63歳の日本人旅行者は3ヶ月も欧州を廻るとの事お互い情報交換し健闘を称えあう!
お世話になったのは同室の薬剤師さん5ヶ月旅行中の旅の猛者!レトルト食品での自炊方法やIT接続の高等技術等ご指導いただいた。特段話はしなかったが同胞女性も何人か見かけた。
処でミラノ行き相棒のplanでは追加料金によほど懲りたか全てlocal lineで組み立ててあった、Nice〜Ventimigliaまで来て更に5時間乗り心地悪い便だと言うから、私は大反対移動も旅の重要な要素、快適さが必要と3ユーロ予約料を払ってIC(国際列車)への乗換えを主張少し言い争いになったが、結果相棒が譲ってくれた矢張りICは列車の設えが全然違う乗り換えてよかった、compartment room貸切状態で一路ミラノへ快適な旅は続く・・・

車窓から眺める風景は南仏からイタリアへの国境沿い垢抜けた地中海のリゾート地・南欧独特の瀟洒な建物・太陽に反射してきらきら輝く海・紺碧の青い空・やしの木が滅法多く・5月半ばと言うに水と戯れる海水浴客と今の季節我国では見られない光景が続いている・・・

ミラノに着いた処がINFで聞いたがYHは近くではないとの事、料金的に一般hotelでは折り合いつかず已む無く地下鉄を乗り継ぎ小1時間掛けてYHへ辿り着く、私はこの時間帯が一番苦手太陽は照り付けるし荷物は重いし足は前へ進まないやっとの思いで着いたのはいいが、大変な失策に気が付くYHの会員証が何処を探しても見当たらない、其の筈前のYHへ預けっぱなしで出て来たらしい?会員証なしで泊れるのか?新たな不安に苛まれる。
乏しい会話力で一生懸命説明して何とか泊めて貰える事になったときは涙目になっていた。この所追加料金の件といい・YH会員証の件といい少し旅慣れし油断が過ぎると反省心して明日から引き締めを図ることとした。

今日はミラノ観光の日朝から地下鉄を乗り換えてミラノのシンボルであるイタリア最大のゴシック建築1386年起工500年と言う途方も無い日月を要し1887年に完成したドゥオーモを訪れた。聖堂の内部はステンドグラスから差し込まれた光を受けて神秘的で荘厳な雰囲気が漂う、床には大理石の複雑な幾何学模様が埋め込まれ・同じく白亜の大理石で作った太い柱が見事な彫刻を伴い高い天井を支えていた。
周囲には何百と言う壁画が飾られ様々な紋様のステンドグラスと対照的に存在感を誇っている。祈りのための椅子に腰掛け暫し瞑想・・・宗教観は異なるも神の存在を確信した。隣の老婆が聖水を使って祈りの儀式の遣り方を伝授してくれるカソリックかと聞かれブッデストと答えたらそれも良かろうと頷いてくれた。

大聖堂の前の広場で暫し休憩朝靄を縫ってサキソフォンのもの悲しい音色が響き渡る・・何処かで聞いたことの有る旋律呆けた頭で記憶を辿るがどうしても思い出せない。雰囲気最高・・・地下鉄の中ではアコーディオンの弾き語りが必ず廻ってくるし音楽好きなイタリア国民性を肌で味わう。

最後に又地下鉄を乗り継いでスフォルツォ城の観光に繰り出す、親爺は精力的!此処はミラノを治めたスフォルツア家の居城!レオナルドダビンチが参加したと言うだけ有ってなかなかどうして其の規模といい要塞堅固振りといい広大な庭園も含めウィーンのシェーンブルン城と並び評されても可笑しくないと感じた。

ミラノ連泊で多くの日本人旅行者と出会う若者を一堂に集め、老人の話を聞きたがったので諸君!日本人とは如何に優秀な民族であるか!と言うこと従って自信と誇りを持って世界を放浪せよ!と言うエールを明治維新から昭和の近代史を紐解き判りやすく一席ぶって置いた・・・

ミラノ観光が思いの他短時間で廻れたので早々のYHに帰る、3時頃のYHはがらんどう誰もいない疲れも感じたのでシャワーを浴びて昼寝を楽しむ何時も賑やかなのに静寂が辺りを包み・・・ぐっすり眠れた。

相棒が例によってwineの買出しに行っている時一人旅の韓国女性に話し架けられた、同じ程度の会話力なのでお互い安心して話が弾む!話題は韓流スターのことから今までの旅の経過等特に彼女はよん様?と同じ大学だったそうで彼とは学校で何回も会っていたとの事、薬剤関係の仕事を今はしているそうでスイスではハングライダーを楽しんできたそうな・・・旅の出会いは楽しい。

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。