趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

英語のマンガ

英語のマンガを理解するのはかんたんではない。
なぜならば、セリフが短い、スラングが多い、日本とは違う英語文化だからである。
これらが分からないとおもしろくもなんともない。

逆。
会話英語や異文化を学べる。


写真としてつけてあるマンガの英語はこうである。

“Do you call for a plumber?” 「水道屋です。お電話でうかがいました」
“I called for a plumber six hours ago.” 「電話したのは6時間前よ」
“How’s your leak?” 「水漏れはどうなりました」
“It’s fine.” 「もう直ったわよ」
“How’s your watch?” 「それよりも、あんたの時計の調子はどうなのよ」

このマンガを笑える人はアメリカの修理屋さんを知っている。
これは、アメリカの修理事情を皮肉ったマンガだからである。
アメリカでは修理をたのんでも、やってくるのはマンガのとおりらしい。
修理を終えてからの支払いでも時間単位で請求されるらしい。
日曜、休日は料金が高いとも聞いた。

異文化に住むとストレスも多いものである。
このクラブでも外国生活をしている人がいて、それをうらやむ日本の会員もいる。
しかしどこにいても、どの国でも、いいことばかりがあるわけがない。

「隣の芝生は青い」である。
The grass is always greener on the other side.

住みなれた土地、住みなれた国とはいいものである。

カテゴリ:語学・国際交流・社会貢献

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。