趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

< ディケンズの頃のロンドン 其の2 >

ディケンズの頃のロンドンを覗き見ると言うのは、日本で江戸時代の生活や文化を調べると言う作業に似ている様な気がして為らない。

 此の挿絵は、映画オリバーの世界其の物ですね。<一枚目>
 オリバーが摺り仲間の部屋の連れて行かれる時に、此の手前の橋を渡ったような記憶がある。オリバーの原作、オリヴァー・トゥイストの挿絵の様な気がしてならない。

 此の風俗画も「オリバー」の世界其の物ですね。<二枚目>
 解説には右側にコートが吊る提げられた入り口が見える処は、質屋だそうです。ロンドンの下町にはたくさんの質屋が在り、貧困の象徴ともいえる店だそうです。

 ディケンズの暮らしたロンドンの世相は、私が生まれた頃の終戦直後の日本の混乱時期に似ている様な気がしてならない。経験は無いのだが、都心では終戦孤児が溢れ、物資は不足し其の日暮も大変だった時期だと聞いている。

 終戦直後の混乱期、天災後の全てが瓦礫と化した今回の津波の様に、都市計画の時期は、一つの時代の波が変りつつある時期なのかもしれない。
 道路整備と建築物の変化は新しい世界の幕開けなのだろう。犠牲は伴うが其れは、混乱期を経た新たな再生の、新たな復興の始まりなのだ。

 忘れまじ! 東日本大災害。
 皆で息の永い支援で被災地の皆様を励ましていきたいものです。

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。