趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

リニューアル後(5)

◆プロフィール編集機能

趣味人倶楽部の事務局より、プロフィール編集のバグを確認したこと、そして修正したとの連絡が、9/29に入った。
確認してみると、たしかにWin10での状況はバグらしいところは直されていた。しかしWin7では以前のままだった。

(以下、事務局への連絡内容)---------

さっそく手元の何台かで確認作業をしてみました。
・Win10、Chrome で編集可能となりました。
・Win7、Chrome、Firefox、IE で症状変わらず、
   (ページが表示できませんのアラーム画面へ)  
でした。
なおブラウザのJavascriptはいずれも有効となっています。Win7、Chromeは最新版です。

(ここまで)ーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後の新情報としては、Win8.1においても、バグに直面するようだ。お悩みQにそのようなコメントが入った。

なお現在、対応を検討中ということだ。年内くらいには直るのだろうか。

◆日記タブのコンテンツ

お気に入りさん以外の方の日記の内容を読むには、現在のところ日記タブから入るしかない。
この日記タブの設計について書いてみたい。

そもそも多くの方との交流を楽しむサイトなのだから、その交流の通路が狭くては意味がない。しかし現状はネズミの通路みたいも狭いのが実情。

この日記タブの下で、4つのカテゴリーに分けられた日記を閲覧できる。つまり、
・お気に入りさんの新着日記
・おすすめの日記
・新着日記
・話題の日記

自分としては、新着順とか基準が不明な選別日記を読みたいと思うわけではない。自分の関心のある絵画系、科学技術系や思想哲学の日記などに接したい。たとえアクセスの少ない日記であろうとも、自分の興味のある分野に寄せる文章は読みたいし、そのような方とも知り合いになりたい。
しかしながら、なぜ現状は、分野別に日記がリストアップされないのだろう。交流サイトの肝でもある。それがとても不思議だ。

現状に関して少し書く。

「お気に入りさんの新着日記」、および「新着日記」は、その名の通り、投稿時間順にリストが作成されているので意味がわかる。
また、「話題の日記」は、前日記に書いたように、元トンがりさんのなかから事務局が選別したスペシャルな方たちの日記だ。

不思議に感じていたのは「おすすめの日記」のこと。
このおすすめという意味だが、何度か見ているうちに傾向が見えてきた。これは新着日記の中から、事務局が選別した5つの新着日記のことだ。事務局が選別作業をまったく行わないと、
「おすすめ日記」=「新着日記」
となる。
この頃、この傾向が強いので、この2つは重複していて情報が冗長。

しかしいつも完全にこの一致が見られるわけではなく、おすすめ日記のリストから脱落している日記がある。これが事務局がふるい落とした日記である。しかし、その基準は明確にはわからない。おすすめとは何か。

(付記)本日記を投稿後、「新着日記」を眺めていたら、「新着日記」にこの日記はリストされたが、「おすすめ日記」からはふるい落とされていた。おすすめでない内容か人物に認定されているようだ。

カテゴリ:インターネット・デジタル

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。