趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

もののあはれ

ヴァレリー・アファナシエフ。「静寂の中から立ちあらわれる『もののあはれ』を奏でたい」と京都の寺でシューベルトを弾いていた(BSアーカイブス)。アファナシエフは孤高のピアニストである。孤独とともに生きている者だけに許される深くて、澄み切った世界が彼には与えられている。
その彼が高校生の時から日本の文化、能楽、また、古今和歌集、源氏物語に強く魅了されてきたと語る。彼にとって「もののあはれ」とは移り行き、はかなさ、無常観。源氏物語は愛するものとの別れと喪失、仕合せ、不仕合せがまじりあって、それらが切り離せないことを極めて美しい形で表現していると言う。
音楽に休符があるのは何故かと問いつつ、沈黙が立ち上がるそのとき音楽は自分自身に耳を澄ます、から、と言う。「静寂が聴こえなければ音楽は存在しない。・・・(演奏家は)始まりから終わりまで静寂を途切らしてはならない。音楽とは静寂を聴き取るもので、どんなにフルオケがフォルテシモで響いているときでも、そこには静寂が宿っている」と言う。そのことについて、興味深かったのは、彼と対談していた能家の金剛永謹さんがフルトヴェングラー、クナーパッツブッシュを引用しながら「無にすべてがある、無音にすべての音がある」と語ったこと。

シューベルト、ピアノソナタNr.21には死が漂っている、生と死の間をさまよい、美しさと恐怖をあわせもつこの曲には光と地獄が共存している、と言う、静寂が響き渡っているこのソナタを聴くだけで「もののあはれ」は十分に理解できると説く。

初めてシューベルトが理解できたような気がした。

有とは無の別名である。

カテゴリ:アート・文化

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。