趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「創作」の日記一覧

会員以外にも公開
キラ
キラ

雪で作成 ネットで見つけました

立往生など大変な地域もありますが こんな物を作る人もいるんです。 ずっと溶けないで・・・

会員以外にも公開
ゆうこ
ゆうこ

(創作)従兄が鬱になった2

何故か[花]の母親は従姉は可愛がるのに従兄は 嫌って従兄を見る目は何時も睨んでた。 ご飯の時も母親は従兄をチラッと睨むと従兄はご飯の途中で席を立ち出て行ってしまう。 [花]はご飯をおにぎりにし母に内緒で (お兄ちゃん!お腹すいたやろう?これ、花が 作ったけど食べって、)と笑って渡す。 従兄は(花、有り難う~)と涙を流す。 幼い[花]は理由は解らず凄く辛がった。 兄もよく従兄に理由も無く叩いたり従…

会員以外にも公開
ゆうこ
ゆうこ

創作(従兄が鬱になった)1

小学校4年生の[花]の家族は両親と4つ年上の兄(少し浮浪)、弟の5人家族だった。 ある日[花]が学校から帰って来ると祖父母と従兄(3つ上)と従姉(5つ上)が居りこれから 一緒に暮らす事になったと聞かされた。 今まで5人家族がいきなり9人家族になりノンビリやな母は忙しくなった。 祖父は物静か、祖母は気難しく笑う事はなく何時も怒った顔で怖がった。 従兄弟の父親が病気で亡くなりその後従兄弟の母親が再婚…

会員以外にも公開
夢乃咲道
夢乃咲道

ホントに悲しいのは

夕暮れの街 霞んで見えたのは降り出した雨のせいかな もうこれで 並木の銀杏も落ちてしまうのかなんて それはそれで黄色い舗道もキレイかなんて ホントはそんなことはどうでも良いことで 季節のことも 周りの風景のことだってそんな気にしてたっけ 何を今さら 知ったかぶりして良い人のフリをして でも、そんなことでもしていなかったら ホントは何処までも落ち込んでしまいそうで 君がいないって …

会員以外にも公開
巴琴
巴琴

竹取幻想

    「時を越えて旅すること」 西暦7575 想像してごらん、と父は言った。これから1000年後をと。 舟の透明の天蓋に真っ暗な宇宙がどこまでも続く。僕達の舟は静かにそのなかを航行している。遠くにsombrero-galaxyがぽつりと孤独な瞬きを送っている。舟の中で飽き飽きした僕に父が語りかける。 「お前が生まれてから今までの時間、これからの一千年の時間、どちらが長い?」 「知らな…

会員以外にも公開
巴琴
巴琴

竹取幻想

序   弓張の月にはずれて見し影の      やさしかりしはいつか忘れん (山家集)  黒々に垂れこめる雲と畳々たる山の端から漏れ来る赤き光の矢のごとき一筋に震撼する刹那のあはれよ。破鏡する古人の思ひの脆きさまにも似たるその玉響の清らなるふれあひのおとずれよ。忘れえぬその残り香のとこ夜の月に魅せられしかな。そは昨日けふとて思…

会員以外にも公開
巴琴
巴琴

 因果倶時 改稿

        因果倶時     春の花風に乗りてぞわが宿に           夢のひととき舞い散らむかな                             俗欲まみれのぐうたら巴琴が 言葉を一つ拾った 拾うとバチが当たると幼い時、母に言われたことがある 捨てるのはいい? 捨ててもいけない 大事になさい お米一粒 汁一滴 大事になさい 拾った言葉はしかし拾う縁があったか…

会員以外にも公開
こうやん
こうやん

最近のこと

独り暮らしをしているので、おのずから自省的生活になります。 「孤独なものだけが知っている軽蔑、 軽蔑する者は愛するがゆえに 創造の道を歩む」 詳しい文言ではありませんが、ニーチェはそんなことを語っています。 出身大学院で教授が亡くなり、次回の論叢を追悼誌とするので、 投稿するようにと編集者から便りが届きました。 私は、先哲論文の言及などという研究方法は取っていません。 私の自負です。 なか…