趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「加藤登紀子」の日記一覧

会員以外にも公開
天女
天女

来週のMUSIC FAIRは

いつも土曜日の18時からやってるミュージックフェア は来週で55周年なんだって~~(凄い) 1964年8月スタートなんだって(わてが4つの時やがな:笑) 本題に入りますが、来週は姫と登紀さんの 『この空を飛べたら』  の貴重映像が予告で流れてましたよ 来週は幼い頃の姫の映像が見れます 嬉しいです また縦の糸(わて)と横の糸(姫)が織りなされていきます ガッハッハ(笑)

会員以外にも公開
ひろひろ
ひろひろ

人生四幕目

暑いですね。 東京新聞の夕刊に93回にわたってコラム「この道」を連載された加藤登紀子さん。昨日が最終回でした。自分も含めこれから「残りの」人生を生きるのに、ああ、こういうのもいいなぁって思えたので、最終回の一部をご紹介します。 この道ーあなたに捧げる歌  加藤登紀子 生まれてから75年、歌手として50年余り。長い列車の旅をするように、93回の連載をしてきました。 書き尽くせないたくさんの思い…

会員以外にも公開
俊介
俊介

青春の1枚の写真

思い出の1枚の写真が断捨離してたら出てきた。 加藤登紀子さんの房総の山賊王国のキャンプの 時。登紀子さんが持ってるのは僕の絵。 焚き火を囲んで肩を組んで唄った楽しい思い出。

会員以外にも公開
植松自由人
植松自由人

加藤登紀子編「農的幸福論~藤本敏夫からの遺言~」を読む

「農的幸福論~藤本敏夫からの遺言」 加藤登紀子編 角川ソフィア文庫 平成21年4月25日発行 ー精一杯生き、楽しむために、人生はあるのですから。       加藤登紀子  事態は機能志向のみでは切開できないのである。それは、開かれた生命の相互交流の場をこの地球上に創りえて、はじめて可能なことなのだ。  民主主義は物質の発展、機械文明の発展というものの共同体志向を形作ってきた。今日、物自体、機械と…

会員以外にも公開
ケンちゃん
ケンちゃん

加藤登紀子 『 時には昔の話を 』 Cover 2018.03.15

ギター伴奏の下手さと、ボーカルとのバランスの悪さとでアップを控えていた私の教室の実力派の生徒さんの歌唱です。 お蔵入りにするにはもったいないと思い、一年を過ぎた今日、アップしました。 カラオケ大好き! https://ameblo.jp/ukiukiwakwak21/

会員以外にも公開
panda
panda

28  加藤登紀子の素顔と横顔 「Re・ライフ festival」 ロイヤルパークホテル(朝日)

 過日、この企画で、加藤登紀子のライブ・トークのプログラムにも参加しました。1度も、こうした催しには参加したことがないで、好奇心半分、興味半分で参加しました。 加藤登紀子は、75歳だという。ギターを弾きながら、自分の来し方を語りました。最初の25歳までを第1章と呼び、「人生の幕開け」。第2章は、50歳まで、「恋をして、走る」。第3章は、50歳~75歳、「壁を超える」。と区切ってみたという。そし…

会員以外にも公開
わた屋
わた屋

加藤登紀子さん

加藤登紀子さん 最近、「プレバト俳句」が人気の番組となっています。夏井いつき先生の解説、直し、毒舌、 先生と出演者たちの掛け合いが楽しい番組かと思います。 出演者は、なにを言ってもよい無礼講の俳句番組です。 今週、歌手の加藤登紀子さんが番組に出演しました。 通称は、おときさん、かな? 登紀子さんの俳句の原作は、 流氷や 声逞しき 漁港かな 「知床旅情」がヒットした歌手ですから、オホーツク沿…

会員以外にも公開
ケンちゃん
ケンちゃん

加藤登紀子 時には昔の話を ボイトレの生徒さんがCover!

課題曲にした『時には昔の話を』を、私のヘタなギター伴奏で歌ってもらいました。 千葉テレビのカラオケ大賞という番組で週チャンピオン、更にグランドチャンピオンに向けて準備中の生徒さんだけあって、私はかなり魅力的な歌唱だと思うのですが…いかがでしょうか。

会員以外にも公開
ケンちゃん
ケンちゃん

加藤登紀子『時には昔の話を』 Cover( 生徒さんが歌ってくれた弾き語りバージョン )

今日の時点で課題曲にしている加藤登紀子の『時には昔の話を』。 この曲は映画『紅の豚』の挿入歌ですが、オトキさん自身の青春時代の時代背景を思わせる詞が素敵で、私より一回り年上のMさん(私の生徒さん)が歌うと、また味のある歌になるなぁ…と感じました。 メロディーが正確でないところもありますが、逆にそれが味になっている気もします。

会員以外にも公開
ケンちゃん
ケンちゃん

加藤登紀子 『 時には昔の話を 』 Cover

今年(2018)最初の私の教室の課題曲は映画『紅の豚』でおなじみの『時には昔の話を』です。 レッスン前の会場で練習がてら歌ってみました。

会員に公開
百笑(ももえ)
百笑(ももえ)

平均点主義