趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「音楽」の日記一覧

会員以外にも公開
KAZ
KAZ

SO,I LOVE YOU.

週末に友人と80's J-POPを肴に酒を呑み、あり得ないほど蘇生した!(マジ!)何に共鳴したか!あの頃のトキメキの深さ、広さ、高さ、重さって計り知れないということ。 80'sでハマダといえば、周囲では圧倒的に浜田省吾。でも、密かに濱田金吾がいた。メジャーにはならなかったが、当時の貸しレコード屋(死語!)では十分に供給されていた。 省吾と金吾は微妙な差だが、音楽性はダンチだ。当時の僕の感性に…

会員に公開
東京マイク☆一人旅
東京マイク☆一人旅

カラオケ講座

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

アウトブレイク・140

朝5時過ぎ起床。 「読売新聞」を読む。 日の出、6.05 日の入り、18.18 最高気温、25.4 最低、17.6 天気、曇り CDで、「エラ・アンド・ルイ」を聴く。  エラ・フィッツジェラルド(vo)、オスカー・ピーターソン(p)、  ルイ・アームストロング(vo,tp)、ハーブ・エリス(g)、  バディ・リッチ(ds)、レイ・ブラウン(b)  1956年8月16日ライブ録音。 「ニッポ…

会員に公開
茜(あかね)
茜(あかね)

楽しい仲間

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

拝啓天皇陛下様・139

朝6時起床。 「読売新聞」を読む。 日の出、6.04 日の入り、18.19 最高気温、24.6 最低、19.2 天気、雨 CDで、「ブルースをそっと歌って」を聴く。  アート・ファーマー・カルテット  アート・ファーマー(flh)、スティーブ・キューン(p)、  スティーブ・スワロウ(b)、ビート・ラロカ(ds)  1965年3月12、16、30日録音。 「ニッポンの文学」を再読。佐々木敦…

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

夜の訪問者・138

朝5時過ぎ起床。 「読売新聞」を読む。 日の出、6.04 日の入り、18.20 最高気温、28.5 最低、21.8 天気、晴れ CDで、「SAKURA STAMP YANO SAORI」を聴く。  矢野沙織(as)、ジョー・ファーンズワース(ds)、  ピーター・バーンスタイン(g)、ニコラス・ペイトン(tp)、  エリック・アレキサンダー(ts)、マイク・レドーン(hog)  2004年録…

会員以外にも公開
闌音(らんね)
闌音(らんね)

秋になると聴きたくなる曲  Part4

ブレンダ・リー If You Go Away https://www.youtube.com/watch?v=eUxzvTzeDjc エンゲルベルト・フンパーディンク ラスト・ワルツ https://www.youtube.com/watch?v=2anxXBaG7A8 ママス&パパス  夢のカリフォルニア  https://www.youtube.com/watch?v=Vx8c_ZGSz…

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

東京は恋する・137

朝5時過ぎ起床。 「読売新聞」を読む。 日の出、6.03 日の入り、18.22 最高気温、29.2 最低、23.6 天気、晴れ CDで、「Mulligan Meets Monk」を聴く。1957年録音。  セロニアス・モンク(p)、シャドウ・ウィルソン(ds)、  ジェリー・マリガン(bs)、ウィルバー・ウィルソン(b) 「ニッポンの文学」を再読。佐々木敦(著)講談社現代新書  第四章 か…

会員以外にも公開
あんちゃん
あんちゃん

若かりし頃の思い出の曲⑩

若かりし頃の思い出の音楽に関しては、とりあえず今回で終わり。 1960年代の後半になると、ニューロックと分類されるものが現れ、映画『Woodstock』はその集大成のような気がした。このころはブラス・ロックと呼ばれたBS&T (Blood, Sweat & Tears)がお気に入りだった。 学生時代、今はなき友達が、『Spinning Wheelの歌詞の中に、”What goes up mu…

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

サボテンの花・136

朝6時過ぎ起床。 「読売新聞」を読む。 日の出、6.02 日の入り、18.23 最高気温、29.7 最低、23.0 天気、晴れ CDで、「5 By Monk 5」を聴く。  セロニアス・モンク(p)、サム・ジョーンズ(b)、  アート・テイラー(ds)、他 1959年録音。 「ニッポンの文学」を再読。 佐々木敦(著) 講談社現代新書  第四章 かなり偏った<日本ミステリ>の歴史  島田壮司…