趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

夫の退職金の運用に関して

[マネー・投資]

来年、夫が退職をするので、まとまった退職金が
入りますが、みなさんどのように運用されている
のでしょうか。

そういった知識がないので、どこに相談をしにいったら
よいか分かりません。

このままタンス預金にしてしまうのももったいないので、
そういった場合、まずは何をするべきか、
諸先輩方のご意見をいただければと思います。

どなたか、よろしくお願いします。

閲覧数
752
拍手数
1
回答数
4

回答する

回答受付は終了しました

回答 4件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

米ドルが8月中に103円になりますので買ってください。

1ヶ月寝かせておけば、107円になります。

1ヶ月おきに、これを繰り返してください。

他の金融商品に手を出すべきではありません。

たんす預金はもっといけません。

米国は、まず倒産しません。

それ以外の発行体は倒産する可能性があります。

株式や投資信託、商品先物はぜったいに手を出さないほうが

よろしいかとぞんじます。 (・・`)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は長年の夢でマイボート買いました。最初は残りの?千万を農林中金に預け、満期の後、個人国債、株、投資信託、娘の結婚、母親の入院手術から葬儀、相続、分割、気がついたら五年後には?百万円しかのこりませんでした。考えて景気に左右されない業界である、二百は配当のいいラブホテルファンドに出資していたから、年二回のボーナスが、十南万円出ます。大体税務署の申告がいやなひとは、利子税の還付受けないで損してます。私は町民税も還付してもらいます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

外国債券を買うことをお勧めします。ただし為替リスクが伴いますが、円よりも上がる新興諸国が良いと思います。たとえばトルコ債、ブラジル債、ロシア債などは金利も高く為替リスクはあまり考えなくて善いと思います。発売は多くの証券会社が扱っています。インターネットでも検索出来ます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は、公務員の退職金を2ヶ月で全て中古マンションを購入し使い果たしました。以前より小さなアパートを持ち貯金はありませんが、借金があります。皆さん不動産賃貸を怖がりますが、20年近くの経験から心配はいらないと思います。私自体は5年経過し成功したと思っています。一つの参考になればと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

わたしも、不動産投資をしています。
0から初めて、いまでは、マンション2棟、アパート2棟、その他、商業施設も持っています。
リスクを理解し、いい業者に出会えれば、いまは、いいタイミングだと思いますよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ゼロから始めての資産増加、脅威を感じました。税金対策も万全と思われます。不動産賃貸のみでは節税方法が分からず税金を払うと利益がまるで少なくなります。何か方法が有ればご教示下さい。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 12

マンション購入後、親から500万円の援助金 税金のかからない方法はありますか?

50代にして、やっとマンションを買いました。 頭金は今年の2月に貯めていたお金で1300万円支払い、残金は住宅ローンで先日、支払いました。 一昨日、マンション購入費用に使いなさい。 と父が500万円くれると連絡がありました。 私達が支払った頭金は父のお金が含...

回答受付は終了しました
回答数 1

話題にのビットコインについて

最近、テレビ、新聞でも話題の電子通貨 ビットコイン というのは、どのようなものなんんでしょうか? なかなか、理解できません。詳しい方、教えて下さい。

回答受付は終了しました
回答数 3

バブルについて教えてください。

歴史上いろいろなバブル現象や事件が起きたようです。 近くは、日本で土地・株式バブル、米国でITバブル、住宅バブル。直近破裂したのがスペインの土地バブルなどなど。 さて、専門家によると、日本ではすでにバブルが発生しているのだ、もしくはバブル状態だという見解がある...

回答受付は終了しました
回答数 5

債権リスク

国債であってもリスクはあるのでしょうか? また、そのリスクとはどれだけ保証されて、どういう訳でリスクが発生するのでしょうか? (4月7日 20:18 追記:) 沢山ご解答を頂きありがとうございました。 満期まで待てば、元本割れ(リスク)は無しということで安心しま...

回答受付は終了しました
回答数 7

緊急支援金2兆円配布は必要 でしょうか?

去る10月30日に政府は新しい経済対策「生活対策」を発表した。 それによると中小、小規模企業の資金繰り対策として、政府系金融機関の 貸付や保証を9兆円から30兆円規模に拡大。 一般国民へは2兆円の支援金を配ると発表した。 当初は全世帯に一律配ると言っていたが、「...

お悩みQカテゴリ一覧