趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

スイスのユングフラウ4000m耳、頭、痛くなる?

[海外旅行相談]

飛行機でも耳が以外に弱く
高い山でも2000m位しか経験有りません
スイスの山岳列車経験ある方教えて
頂けたらと思います

閲覧数
260
拍手数
0
回答数
11

回答する

回答受付は終了しました

回答 11件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

初めまして。私は、4年前にツアー旅行の一旅行地で、ユングフラウヨッホに行きました。

 家内は、ヨッホ駅を降りたあたりから、若干具合が悪いと言っておりましたが、私は何でもありませんでした。どなたかおっしゃってましたが、乗り継ぎ駅のあるクライネシャイデック(2000m地点)は、後ろにアイガー北壁が見え、素晴らしい景色です。ここで体を慣らすのも良いと思います。

 また、途中、山腹から氷河がみられる駅で数分間停車します。氷河をみられるのも体慣らしになると思います。ヨッホ駅は、3,454mと言われてます。

 スフインクスから見た、アレッチ氷河の写真をUPしておきます。雄大ですヨ〜〜。素晴らしいスイス旅行になりますように、祈っております。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
とっても解りやすい回答頂き、ありがとうございます

不安でしたが、本当に逆に楽しみになりました!!

有難うございました  お写真も見てますます

行く勇気がでました☆

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は、この頃精神を病んでいて、若干辛いヨーロッパツアー旅行でしたが、素晴らしい晴天に恵まれ、雄大なアレッチ氷河に心を奪われました。高山は、人によって辛いのでしょうが、ヨッホから見る景色で、辛さも吹っ飛ぶのではないかと思います。
 素晴らしいスイス旅行になりますように、心から祈っております。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

皆さんのおっしゃる通りですが、私はどんな山に登っても2500mを過ぎると頭痛がはじまります、台湾の玉山に登った時など悲惨でした。頂上近くの山小屋で一夜が明けると心臓が躍って、其の脈拍に合せて頭痛がガンガン、皆についてゆけそうにもないと思ったのですが、引き返す手段もなく死ぬほどの思いで頂上を越し2500mラインまで降りるとウソのように頭痛もとれ、ルンルン気分で下山基地の温泉に着きました。
「まあ大丈夫でしょう」とおっしゃる方は私のような体質で無い方とおもいます。若い頃は登山三昧でしたが、15,6人のパーティでもわたしのような体質の人は1-2名でした。対策は経験から言えばありません。じっと耐えるか、下山するかです。耳ツンは大きなアクビでよく治っていました。ちょっとネガティブな意見ですみません。「こんな意見も有る。」程度でお読み下さい。私もユングフラウとマッターホルンは死ぬまでに一度訪れてみたい憧れの山です。今机の前にはエベレストの大きなポスターパネルを飾ってあります---。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

匿名希望さんへ
心配ご無用!
景色を見れば、そんなことすっかり忘れていますよ。
(写真はユングフラウではありません 悪しからず)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も大丈夫でした。皆さんの回答参考に楽しい旅行にしてください。
スイスは本当にすばらしい所ですよ。
私は友達にハイジの世界!って言うんですが。
飛行時間が長いのが辛いですが。。。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

28歳のころ北壁で有名なアイガーに山岳列車で行きました。山頂駅から降りたら5分くらいで頭痛がし始め、景色を見ている余裕もなくなり、次の電車で降りました。
降りたら頭痛は消えました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

多分個人差があると思います。私も飛行機では耳がつまりますが、山では気圧の問題ありませんでした。

私はスイスに22年住んでいました。登山家ではありませんが、スイスの山々とよく歩きまわりました。マッタンホルンの最高ケーブルカー駅からスキーで滑走したこともあります。普段はチューリヒに住んでいましたので、高山慣れがある訳ではありません。

確かに、山歩きをしていると、ある高度に来ると、耳がふさがることがあります。でも数分ですぐ順応します。ただ、旅行者の場合は、ケーブルカーや電車などで、急激に高所に達するので、気圧の問題があるかもしれません。ユングフラウの場合は、途中の乗り換え駅で暫らく休憩されたほうが良いと思います。頂上よりも、この乗り換え駅の景色、草花のほうが美しく、気に入られると思います。

気圧と空気の濃さは同じものなので、もちろん山道を歩くと息切れがして苦しくなります。

でも、ユングフラウの頂上等で問題なのは、むしろ温度ではないでしょうか?一般に100mあがると1度違うと言われます。それほどではないにしても、4000mでは、夏でもかなり涼しいです。特に風があると、とても寒いです。ただ、お天気の日は日射が強いので、日なたは暖かいです。だから、冬のスキー場でビキニを着て日向ぼっこができるのです。
ともかく、温度差を考えなく、カーデガンぐらいで頂上に行くと「寒い、寒い」で、5分間ぐらいしか景色を楽しまず、すぐレストランに行かれる旅行者がとても多いです。高い電車賃が無駄になります。

個人的な意見ですが、一度は頂上の景色を経験するのはいいことです。でも、スイスの山は、歩いて山河や野原の花等を楽しむのが一番です。駆け足旅行は止めて、リュックを持って数日歩きまわってください。汗をかき、疲れた体で山道のあちこちのレストランに行けば、ワイン、ビール、チーズそのたの料理が更に美味しくなります。

それに、観光地だけでなく、スイス全体が素晴らしいです。私は観光地は避けていました。人が多いし、商業化しているし、何よりも、観光地以外のほうが景色が素晴らしいからです。

楽しく安全な旅ができたらいいですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

列車のスピードはゆっくりです。
時間をかけて徐々にのぼりましから、自然に身体がなれてくれます。
大丈夫ですよヨ。ケーブルカーや飛行機とは違います。
でも、気圧が低い山頂駅でトイレに行かれる時、あわてて走ったりは絶対にしない事です。
糖分を取る為に、チョコレートなど、甘いものを用意しておかれる事をお勧めします。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
コメントありがとうございます!! だんだん自信ついてきました

急な動きは禁止ですね。バックにチョコですね☆ありがとうございました

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

スイスは、素晴らしいところで、何度行っても、すぐまた行きたくなります。
スイス政府の日本人向け観光サイトもご覧になって下さい。
http:www.myswiss.jp

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私はここ3年ばかりの間,ヨーロッパでは,ユングフラウ,メンヒ,モンブラン登頂しました.私を含めて,同行した仲間の様子を見ていると,高度障害の出方にはかなり個人差があります.

日本で登山同行者を見ていると,高度2000メートルぐらいから高度障害が出る方も居ますが,大多数の方は2500メートルぐらいまでならば大丈夫のようです.

急激に高度を上げない限り,列車でゆっくりユングフラウヨッホ駅程度まで登るのなら,耳キューンはありません.また,あまり高度障害を気にしなくても良いのではないかと思います.スイスの山岳列車であちこち廻りましたが,高度障害で悩んでいる人は,あまり見掛けなかったように思います.

ただ,個人差がありますので,実際に高い所に行ってみないと本当のところは分かりません.不幸にして,障害が出たときは,長居は禁物.直ぐに低地に戻ります.即快癒です.

どうしても高度障害が気になるようでしたら,ダイヤモックスという薬を利用することも考えられます(医師の処方箋がないと買えません).ちなみに,私も4000メートル以上の高山に行くときは持参しています(実際には殆ど服用しませんが).

ただ,私も飛行機の中では,ときどき「耳キューン」になります.いきなり機内の気圧が下がるからです(高度計=気圧計を飛行機の中で見ていると面白いです).
そのときの対処方法は,皆様のご回答の通りだと思います.

長々と失礼しました.

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます!! 本当に詳しく書いて頂き

以外に出来ると思いほっと☆しました

3000円の耳栓より、100円の耳栓が快適だった事面白かったです

又すてきな旅を・・☆ありがとうございました

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

スイスに6年住んでいましたので、友人が来るとたいていユングラフヨッホに行きます。名前の意味はご存知ですか。
ユングフラウとは若い女性と言う意味です。
4000m級の山に登ると空気が薄いので急な動きは危険です。心臓の弱い人は、注意が必要です。私も耳が弱いので飛行機は好きではありません。着陸する時耳が痛くてうずくまってしまいます。その時スチワーデスさんが見ていてどうしたのですかと、聞かれたので、耳が痛いのですと答えたら、私たちは職業病のようなものです言っておりました。鼻を指で押さえ、口を塞ぎ肺から空気を吐くように耳に圧力を加えると空気が耳から抜けます。その時耳の痛みがとれます。やってみてください。その他知りたいことがありましたら、連絡ください。
ジョンЖ

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ジョンさんありがとう御座います!!
意味合いがロマンチックで驚きました、
やはり 着陸の時と似てるんですね〜

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

この写真は、まさしくユングフラウヨッホです。私は夏場しか行ったことがありませんが、頂上に行くと雪ががたくさんありまさしく冬景色です。耳の痛さは飛行機より軽いです。徐々にのぼり増すし、徐々に降りてきます。おそらくその辺を考慮してくれているのでは??飴をなめながら景色を楽しみながら上ったり降りたりしたら結構楽ですよ。一番面白い上り方は、歩いてグリンデンルワールドに行くの方法が一番感動すると思います。ツアーがあります。どこかの駅(名前を忘れてしまった)に降りて、ロープウエイに乗って山の頂上に行きそこから、歩いてグリンデルワールドに向かい電車に乗ってユングフラウへ向かうのが一番心に残る上り方だと思います。注意することは、空気が薄いので苦しくなることです。そのときはゆっくり歩いたり休んだ方がいいでしょう。本当に苦しかったら、酸素ボンベで酸素吸入すると楽になります。旅行楽しんでください。私はクリスマスシーズンにスイスへ行きます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

耳が痛くなるのは気圧の関係です。鼓膜の内外の圧の変化で痛くなるので
高い所に急に登る時と、高い所から急に降りる時と対処は違います。
高い所から降りるときは鼻をつまんで口を閉じて息を吐くようにするのが良いでしょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

僕の場合、鼻を指でつまんで、ぷっと息を鼻に向けて吹くと、耳が抜けます。一回抜けても、移動によって気圧が変わるとまた耳が痛くなるのでこれを繰り返します。
このあたりのテクニックは、スキューバダイビングをやる方が詳しいようですね。
僕も欧州の山岳スキー場でスキーを何度かやりましたが、標高が3000メートルを超えるあたりは息切れが半端ではありません。アルペンスキーレーサーに訊いたら、普段から自転車に乗るなどして心肺機能や毛細血管の機能を高めておくとあまり息切れしないそうです。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
お返事ありがとうございました!!嬉しいです
グアムで海底に潜った時はドキドキでした
何とか耳抜き成功したけど、似てますね
心肺もきたえておかなくっちゃね☆

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ヘビー・スモーカーは息が辛くなったり、頭痛がするようです。 耳は大きな欠伸でもすれば大丈夫でしょう。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます! そうですか〜

たばこは吸わないし良かったです

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 2

ソウルの格安ホテル

ソウルの格安ホテル(シングルルーム)を教えてください。2泊します。空港バス停留所に近いと助かります。

回答受付は終了しました
回答数 3

香港

来月香港・マカオに行きますが、お勧めのお食事や早朝からやってるお店有りますでしょうか?宿泊はインターコンチネンタルですのでその近くで有りましたら教えてください。 あと、お勧めショップ有りましたらお願いします。

回答受付は終了しました
回答数 3

マイルの統合について教えてください

現在大韓航空が21000マイル、デルタ航空は15000マイル近くあります。両社は同じスカイチームだから、一緒にして特典航空券と交換してもらえるのでしょうか?もしできるのなら、その方法も教えてくだされば嬉しいです。JALのマイルは何度か国内航空券と換えたことがありま...

回答受付は終了しました
回答数 8

教えて インド

インドへ旅行された方教えてください。 小生の素案は下記の通りです。 1月X日 入り口 ?Munbai深夜 ?観光 ?観光 夕方ムンバイより飛行機で夜Aurangabad ?観光 ?観光 ?早朝 オーランガバードより列車でBhopalへ夕方着 ?観光 ?観光 ?午後...

回答受付は終了しました
回答数 5

中国旅行?

4月か5月に 万里の長城に行きたいのですが・・ 知人に「え、中国に行くの?」「そんなとこに行くの」?なんて 言われました。 中国は 危ない国なのでしょうか?

回答受付は終了しました
回答数 1

スペイン 詳しい方

すみません どなたか アドバイスください 。 12月31日から スペインへ 行くことになりました。 ムルシア カルタヘナですが ガイドbook にもなかなか 出ていません このあたりの 情報ありませんか ??

お悩みQカテゴリ一覧