趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

お料理遍歴

ダイエットするためにレシピ検索していて
料理に拍車がかかっている。

アレも作りたいコレも食べてみたい・・・
ダイエットのはずが食い気が出てるやんっ(^-^;
冷蔵庫の中は、パンパンになってる。。。
誰が食べるん?(笑)


元々、料理は好きだ。

小学生の頃、冷蔵庫のマーガリンにグラニュー糖を
まぜまぜして、「これがケーキのクリームやで〜」と
弟に食べさせたことあったな(^-^;
これが私の料理の原点か。。。

学校の調理実習も好きでした。
家に帰ってからは必ず、復習と言いながら
同じものを作って喜ばれたものです。

母の日にフレンチトーストを作ったこともあります。

OLになってお給料をいただくようになってから
お料理教室に通っていました。
一回の食事できちんと献立が出来ていて
バランスの良い夕食でした。

初対面の人達とワイワイ言いながらご飯を
作るのも楽しかったし、その後、自分たちで作った
料理を味見しながらの夕食も楽しんでました。

まだ未婚で若かった私は、中年のオバサンが
お料理を習いにくるのが不思議でした。
でも、今なら気持ちが解ります。
料理は果てしない。
素材も調味料も新しい物が入ってくるし、
新しいレシピなんて数限りない。

続いてケーキ教室にも通いました。
自宅でこじんまりと教えてくれるところでした。
自分で作ったケーキは試食して、残ったものは
おみやげに持って帰ることが出来ました。
それをせっせとその当時お付き合いしていた
今のダーリンに運びました(笑)

結婚して子供たちが小学生になったころから
パン教室に通い始めました。
道具も揃えたので結構お金がかかりましたが
焼き立てのパンはすごく美味しいです♪
子どもたちが学校から帰って「美味しい、美味しい」と
食べてくれるのは嬉しかったなぁ〜(*^^*)

その後、友人に誘われて公民館活動で
有志でお料理サークルを作り、
月に一度、フランス仕込みの先生に安いお月謝で
お料理を習いました。

ときには先生の栽培された野菜でお料理を
作ったこともあって、
(形が悪い野菜でも味に関係はないんだ)と
感想を持ったこともありました。

仲の良い友人とは、どうせランチを食べに行くなら
料理の勉強が出来て、お腹も満たせる一石二鳥の
方法がある。。。と大阪ガスや関西電力の単発の
お料理教室にちょくちょく行きました。

一番直近では、5年くらい前の
イタリア料理教室です♪
やはり、イタリアで料理修行した先生で
自宅マンションのキッチンで教わりました。
まさにマンマの味です☆

オリーブオイルもチーズも一流のものを使っての
イタリア料理なので、美味しいには違いないけど
お月謝も1回5千円と高く、
これだけお金使うなら
(二人でいいランチに行けるやん)っと
思うようになりました(^-^;

イタリア南部のプーリア州に料理の研修旅行に
行くというふれこみだったのに
一向に実現されないし
しばらく通ったけど辞めてしまいました。


今は、一日の大半が仕事に出かけてるので
時間をかけて食事の支度が出来なくて
いつも時間との闘いですが、
本来はキッチンで料理をすることは家事の中では
一番好きなことです。
素材が手を加えることによって美味しい食事が
出来上がって、食べてくれる人がいることは
しあわせなことです。
(時間が無いときやしんどいときは
冷凍食品でごまかすこともあります(^-^;)

今まで通った料理教室でのレシピに加え、
新聞の切り抜きやネットで見つけたレシピの
プリントアウトしたものなどのファイルが
たくさんあります。
(コレが家が片付かない要因のひとつかも)

栗原はるみさんに憧れて料理本も買い込みました。
あんな生活にあこがれます♪

料理はアイデアだと思います。
工夫しだいでさまざまな美味しいものが生まれます。

あまり素材にお金をかけずに、料理することが
今の私のやり方です。
夕方のスーパーで手に入れた半額シールのものでも
美味しいものが作れますよ(笑)

美味しいものを作るためには
美味しいものの味を知らねば。。。
また、美味しい物食べに行こ♪


写真は引き続きダイエットメニュー☆

・おから煮
・サンラータン
・揚げない酢豚

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。