趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

連載:自粛生活

「月が明るい」

駅からの帰り道、私は信号で止まる度に空を眺めた。

満月より幾分左側が欠けているが、刷毛で掃いたような白い雲が月の隣にあり、より一層月の明るさや、まるい曲線の美しさ温かさを感じさせる。晴れ渡った空が嬉しい。



第一波より感染者が増えている以上、孫を訪ねる時に公共交通機関は使えない。

孫は手作りグミを作って待っていた。シミ一つないすべすべの肌やぷっくりした手を見ているだけで幸せだ。

午後4時を回り、幾分涼しくなってから外に出た。梅雨明け宣言が出た途端、一気に気温は上がっていた。

公園には若いパパやママと一緒の子どもが遊んでいる。緊急事態宣言の時はパパの姿が目立ったものだ。

一日たっぷり遊んだ帰り道、総武線の駅近くの居酒屋には客が沢山いて、外に出したテーブルもビール片手に楽しげだ。

私は最寄り駅にバイクを停め、巨大100均を目指す。駅のコンコースはデパートの洋服が並び、食べ物の出店が出ている。

駅の反対側に出た。こちらも人が溢れている。

私はマスクして百均のビルに入り、玩具売り場の端から見ていった。見つかった。

駅に引き返す時辺りを眺めた。カラオケ店にも人がいる。信号で止まった時、反対側から大きく無機的な声が聞こえて来た。

「こちらは⚪⚪市役所です。強引な客引きや、三密に注意しましょう」

なるほど舗道には煩いほど客引きが立っている。

飲食店はどこも生き残るために必死なのだ。

駅舎前にはスマホに見入る、人待ち顔の人が目立つ。これから飲みに行くのだろうか。

午後にはニュース速報で過去最多の感染者が出ていた。


人間界のざわつきとは関係ない明るい月が嬉しい。

※写真はウチで採れたミョウガ。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント