趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「読書」の日記一覧

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

羊たちの沈黙

朝6時過ぎ起床。 「西日本新聞」を読む。 日の出、6.54 日の入り、17.13 最高気温、16.9 最低、8.3 天気、晴れ CDで、「BLUE HAZE」を聴く。1953&1954年録音。  マイルス・デイブィス(tp)、チャールズ・ミンガス(b)、  ホレス・シルブァー(p)、パーシー・ヒース(b)、  マックス・ローチ(ds)、ケニー・クラーク(ds)、  ジョン・ルイス(p)、アー…

会員に公開
ハルシン
ハルシン

読書の秋

会員以外にも公開
植松自由人
植松自由人

1日1首(11月15日~11月20日)

11月15日 吾生きる日野原氏言う「生きるのが楽しくなる15の習慣」を    16日 藤原さん主催のカラオケ会にては青春歌謡大いに歌う    17日 散髪を2か月ぶりに佐野さんにやってもらいつ話に浸る    18日 阿刀田著「短編小説を読もう」太宰、漱石、井伏等あげる    19日 宮本輝「流転の海」9部中第1部を読了したり    20日 義隆の9か月目の誕生日家族5人でお祝いしたり

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

早春

朝7時起床。 「西日本新聞」を読む。 日の出、6.53 日の入り、17.14 最高気温、16.9 最低、10.9 天気、曇り CDで、「DIG」を聴く。 1951年録音。  マイルス・デイブィス(tp)、ウォルター・ビショップ・Jr(p)、  ジャッキー・マクリーン(as)、トミー・ポッター(b)、  ソニー・ロリンズ(ts)、アート・ブレイキー(ds) 阿部和重(1968年生)さんの小説…

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

東京暮色

朝7時起床。 「西日本新聞」を読む。 日の出、6.52 日の入り、17.14 最高気温、17.7 最低、9.3 天気、曇り CDで、「BLUE PERIOD」を聴く。  マイルス・デイブィス(tp)、ソニー・ロリンズ(ts)、  アート・ブレイキー(ds) 他 1951年録音。 阿部和重(1968年生)さんの小説、「Orga(ni)sm・26」  を読む。 「文学界・2018・12月号」よ…

会員以外にも公開
ピース
ピース

【読書】「特捜部Q 自撮りする女たち」ユッシ・エーズラ・オールスン著

特捜部Q。 コペンハーゲン警察の未解決事件の再捜査をしている部署です。 解決できなかった事件を「まだ捜査してますよ」と世間向けに形だけ設置した部署なので、トップはポンコツ警部補のカール・マーク。その下に、シリア人のアサド、気分屋で感情的な女性のローセ・クヌスン。ダメ署員のゴードン・T・タイラーで構成されています。おまけに、彼らの部屋は島流し同様の地下に置かれています。 特捜部Qは12年前に起…

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

さまよう刃

11月16日(金曜日)朝5時前起床。 「西日本新聞」を読む。 CDで、「至上の愛」を聴く。 1964年12月9日録音。  ジョン・コルトレーン(ts)、エルブィン・ジョーンズ(ds)、  マッコイ・タイナー(p)、ジミー・ギャリソン(b) 田中慎弥(1972年生)さんの小説、「地に這うものの記録・14」  を読了。 「文学界・2018・12月号」より 2012年、  「共喰い」で、第146回…

会員以外にも公開
oto
oto

読書日記 『東京セブンローズ』 井上ひさし

 敗戦国日本の「国語ローマ字化」計画はほんまにそんなことがあったんかいな、と子供のころから抱いていた疑義でしたが、どうやら噂とかそんなものではなくて、ほんとうに実施されようとしていた占領政策のひとつであったらしい。そして、この計画に積極的に協力していたのが戦前は軍国主義国語教育を推進していた学者連であったそうな。  井上ひさしは日本語を正しく守ろうとした作家のひとりとして知られている。その彼が…

会員以外にも公開
るんるん
るんるん

二千七百の夏と冬

今週初めから萩原浩の『二千七百の夏と冬』上下巻という小説を読み始めて、火曜から木曜まで上山温泉に行った間も没頭して読み切りました 大体今から二千七百年前、紀元前700年頃の話で、縄文人男性と弥生人女性との切ない恋のお話 勿論現代の作家の創造によるお話だけれど自然界に住む縄文人の世界と、コメを栽培する弥生人の世界との生活様式の違いや、 人を殺したり戦をしたりすることのない縄文人とコメを作る土地…

会員以外にも公開
ニヴ
ニヴ

氷山の一角

マスコミによって知る物事からこの世界でおきている事の全貌を知ることなど出来はしないに等しい。 だからちゃんとした本を探して知ることは大事だと思う。 「現場とつながる学者人生」 ー市民運動とともに半世紀ー  石田紀郎 藤原書店 省農薬ミカン、合成洗剤、琵琶湖汚染 アラル海消滅、フクシマ、、、、、 共に農薬裁判に関わった人の来し方を楽しみながら辿った。 1-農学から公害現場へ 2-公害…

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

プラチナデータ

11月15日(木曜日)朝4時過ぎ起床。 「西日本新聞」を読む。 日の出、6.49 日の入り、17.16 最高気温、19.1 最低、10.2 天気、晴れ CDで、「ライブ・アット・バードランド」を聴く。  ジョン・コルトレーン(ss,ts)、エルブィン・ジョーンズ(ds)、  マッコイ・タイナー(p)、ジミー・ギャリソン(b)  1963年10月8日ライブ録音、11月18日録音。 田中慎弥(…

会員以外にも公開
oto
oto

『こんな国から独立しよう』  読書日記「吉里吉里人」(井上ひさし)

 奇想天外きわまる独立譚。  国とはなにか、国民にとって国家とはなにか。ほかにも食糧自給自足論や医療立国論などなど、気宇壮大なテーマが矢つぎ早に読者に突きつけられる。  おまけに全編これ東北弁、ではなく「吉里吉里語」。はじめのうちは頭も目も耳もクラクラふらふらとなってしまったが、不思議なことに、読むうちに「おらぁ、なずんで」きたのにはおどろいた。慣れるんですね、言葉ってやつは。  日本から独立…