趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「読書」の日記一覧

会員以外にも公開
植松自由人
植松自由人

五木寛之著「杖ことば」に見る人の生き方

「杖ことば」 五木寛之著 学研パブリッシング 2014年9月30日発行 ー「ことわざ力を磨くと逆境に強くなる」 「継続は力なり」  自分の個性や体質をしっかり見きわめた上で、適量の基準を定め、それを大事にして生きる。そのことがいかに難しいか、またいかに重要なことであるかを「過ぎたるはなお及ばざるが如し」の言葉は教えている。  それは天が、その人物を鍛えてその人を発奮させるために、あえて苦難を送っ…

会員以外にも公開
愛飲酒多飲
愛飲酒多飲

耳の遠い方へ:耳よりな話

ある男が耳鼻科を訪ねて来ました。 男「最近、耳が遠くなって、自分の屁の音さえ聞こえない始末なんです」 医者「ではこの薬を飲むと宜しい」 男「これで耳はよくなりますか?」 医者「いや、耳はよくなりません。でも屁の音は大きくなります」

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

ワンダフルライフ

朝7時起床。 「読売新聞」を読む。 CDで、バッハの「無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調~」を聴く。  パブロ・カザルス(チェロ) 1938年~1946年録音。 宮本輝(1947年生)さんの小説、「潮音・36」  を読了。 「文学界・2018・8月号」より 1978年、  「蛍川」で、第78回芥川龍之介賞受賞。 他 青山七恵(1983年生)さんの小説、「私の家・4」  を読む。 「すばる・201…

会員以外にも公開
ピース
ピース

【読書】「警鐘」リー・チャイルド著

主人公は、アメリカの元憲兵隊少佐、ジャック・リーチャー。身長が195cm。体重が100Kgを超える。40歳ちょい前で、係累はいない。 その「ジャック・リーチャー」ものの3作目。2006年に日本で刊行されました。 これまでの「ジャック・リーチャー」もの読書日記、「反撃」「キリング・フロアー」「61時間」は: http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-…

会員以外にも公開
愛飲酒多飲
愛飲酒多飲

絶頂をめざす美女

 あるフランスの美人登山家がアイガー北壁を登り続けています。  もうすぐ絶頂に到達です。  「がんばれ!」  彼女は一完歩、また一完全歩と、自身の金髪クレパスをまたぎながら歩みを重ねます。

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

最愛の子

朝4時過ぎ起床。 「読売新聞」を読む。 CDで、バッハの「無伴奏チェロ組曲第4番変ホ長調~」を聴く。  パブロ・カザルス(チェロ) 1938年~1946年録音。 宮本輝(1947年生)さんの小説、「潮音・36」  を読む。 「文学界・2018・8月号」より 1978年、  「蛍川」で、第78回芥川龍之介賞受賞。 他 「科学者はなぜ神を信じるのか(コペルニクスから  ホーキングまで)」を読む…

会員以外にも公開
くるみ@@
くるみ@@

幸せを作り感じて研ぎ澄ます

今日はコミュあすパラのオフ会でした♪ ゴールドムーンのスナックルームだったので まったりおしゃべり(*^^*) 介護の悩みを聞いてもらったり 寝ずに働くママのタフぶりに驚いたり(^^) 今日歌ったのは マホガニーのテーマ(ダイアナ・ロス) サザンウィンド(中森明菜) 夏の扉(松田聖子) 季節の中で(松山千春) 曼珠沙華(山口百恵)   あれ?これだけ?(^_^;) いろいろ得るところ…

会員以外にも公開
ゲンの殿様
ゲンの殿様

風の通り道

今年も「風の通り道」で・・・。 エアコンの効いた部屋も悪くないけど、この場所で相棒ゲンと、まったりと過ごすのもいいものです。

会員以外にも公開
愛飲酒多飲
愛飲酒多飲

ジョークです

■なぞかけ1  受験生とかけて何と解く?  メタボのおばさんと解く  そのこころは?  第一しぼう、第二しぼう、第三しぼう ■なぞかけ2  銀山とかけて何と解く?  ゆるんだふんどしと解く  そのこころは?  時々金が出る ■生徒の珍答 問い:「どんより」という言葉を使って文を作りましょ    う。 答え:ぼくはかつどんより天どんの方が好きです。 問い:「やがて」という言葉を使って文を作り…

会員以外にも公開
No user image 002
せいめい

コリーナ、コリーナ

朝6時起床。 「読売新聞」を読む。 CDで、バッハの「無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調~」を聴く。  パブロ・カザルス(チェロ) 1938年~1946年録音。 西村賢太(1967年生)さんの小説、「雨滴は続く・18」  を読了。 「文学界・2018・8月号」より 2011年、  「苦役列車」で、第144回芥川龍之介賞受賞。 「科学者はなぜ神を信じるのか(コペルニクスから  ホーキングまで)」を…