趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「読書」の日記一覧

会員以外にも公開
ちと
ちと

図書館の主  ・・ ハマってます(=゚ω゚)ノ

本当に面白いっ 児童図書館の司書の物語なんですが 毎回 悩むヒト達に良い本を薦めていきます。 そのヒトの心情に合った本を探し出してくれる司書。。 児童図書と侮ってはいけません。 ( 年齢は18歳位までを対象 ) 絵本は 子供の心を傷つけないようにしてあり、かつ話が判りやすいよう作ってありますが 児童図書は これからの人生の為に 悪い事だって起るけど それを乗り越えていけるよう作ってあります…

会員以外にも公開
ピース
ピース

「週刊文春」編集長の仕事術(新谷学著)、文春砲、炸裂の秘訣は!

舛添要一前都知事の公金流用疑惑では週刊文春のスクープを受けて、新聞やテレビが疑惑を報道しました。新聞社やテレビは都庁内に事務所を設けてもらい、記者を常駐させているのだが、そこに事務所も記者もいない週刊文春の方が、迫力のある記事を書ける。新聞やテレビの記者は眠っているのだろうかと。 新聞、テレビの記者は、毎週、公用車で湯河原に行くのも知っていたはずなのに、報道しなかった。当然だと? アンテナが錆…

会員以外にも公開
No user image 002
ケンちゃん

水木楊著『東京独立共和国』読了

東京が住民投票を経て独立を宣言し、そのほかの都道府県にも呼応して独立を促し、連邦政府を構築していこうという、ある意味荒唐無稽なお話です。 ですが、読んでいくうちに、どんどん惹き込まれてしまいました。 主人公たちの悪戦苦闘が絶望と希望の、これでもかという程の繰り返しで描かれています。 エンターテインメント性抜群の物語です。 微妙な問題が絡んでくるので映像化は難しいでしょうが、映画やドラマ…

会員に公開
sasha
sasha

危機管理

会員以外にも公開
植松自由人
植松自由人

1日1首(5月20日~5月24日)

5月20日 百田著「影法師」と水木著「のんのんばあとオレ」面白し   21日 水木しげる「のんのんばあとオレ」描く少年時代面白く読む *「影法師」 百田尚樹著 講談社文庫 2012年6月15日発行 ー磯貝彦四郎は、名倉彰蔵のための影法師として、名倉彰蔵が藩の産業を起こし、大坊潟を干拓した、藩になくてはならない人だったことを見抜いて、命を懸けて援助した。  見事に江戸時代に生きた、武士の生きざ…