連載:心理学

こどく!ネガティブ感情!


人生相談でみた「孤独の主婦」によさそうな。
「なに不自由ないが孤独。休みには夫はゴルフへ行き、高校生の子どもは部活で忙しく、話し相手なく、さびしさ感じる自分はひとり」。
また、「過去のいやなことに自己嫌悪する人、将来をくよくよ考える人」にもよさそうな。

The Practice That Can Ease Loneliness
孤独感をやわらげる実際法

英語のライティング学習を終えたが、忘れてはいけない重さを感じてまた読みこんでポイントをピックアップ。

日本語は大まかな意味-
... practicing mindfulness can help alleviate negative feelings, including loneliness.
...マインドフルネスで、孤独などのネガティブな感情を和らげることができる。

... mindfulness practices usually involve two components: monitoring and acceptance.
...マインドフルネスの2つの要素:モニタ(自己視)と受容。

Monitoring involves paying attention to the thoughts, feelings, and sensations we’re experiencing in the present moment.
モニタは、今このときの思考、感情、感覚に注意をむける。

Acceptance involves welcoming these experiences with an attitude of nonjudgment, openness, and receptivity. In other words, acceptance involves a willingness to remain present with our experiences without trying to change them.
受容は、そのモニタしたことを批判しない-両手をひろげて受けいれる気もちになる。つまり、今のありのままを受けいれる。

So the next time you’re feeling lonely, sit with the discomfort. Relax your body and allow the feeling to flow through you. You might say to yourself, “I feel lonely, and that’s OK. I can feel this without pushing it away.”
例えば、孤独感ある(さびしいな、つまらないな、楽しくないな)ときはソファにすわる。その気もちのままで、身体をリラックスさせる。そして自分に語りかける「さびしい感じ。しかし、いい。このさびしい感じもいい。嫌だ、きらいと思わずに、この感じを少しのあいだ受けいれよう」。

このような心トレーニングをしていくと、生きている時間が楽しくなってくる。
People saw real benefits after just two weeks.
2週間後には効果が。

そして。
孤独感やネガティブ感情がやわらいでくると、周りの人とのつきあい方、話し方が変わってくる。
友好的になってくる。

https://www.psychologytoday.com/us/blog/social-influence/202202/the-practice-can-ease-loneliness



*******
いつものように拍手をくれた人、ありがとう。
また、新たにくれた人もありがとう。
拍手あるとすなおに気もちいい(お礼返信はできずにごめんネ)。

時間「欠乏症」のわたしはコメントに返信できないことも。
その余裕をもって次回日記に取りかかるゆえ、各自ご気分を害さぬよう願います。

コメントには次の確認を>>>>

カテゴリ:日常・住まい

コメント